ジェフ・ウェイナー 会社を成長させながら企業文化を育てるには

LinkedInに入ったときに考えたこと

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
LinkedIn CEOのジェフ・ウェイナーが、自身が会社に加わった経緯や会社の成長およびそれにともなう適正な社員数と仕事量のあり方について具体的に語ります。
02:34
  ブックマーク

字幕

相手を思いやるマネジメントで信頼関係の基礎をつくりその信頼こそが厳しい競争のなかで強みとなる価値観が企業文化を形作りさらにはその企業の目指す方向を決めるジェフ・ウェイナーの考え方やビジョンがいかにLinkedInを形作ったのかジェフ・ウェイナー 会社を成長させながら企業文化を育てるにはLinkedInに入ったときに考えたこと2008年の12月のことでしたリードと私の前任者のダン・ナイが集めた素晴らしい才能を持つ338人がいました初日を迎える前からリードや私が客員経営者を務めていたGreylockでの投資家たちを通じてLinkedInについて詳しくなろうとしていましたその段階でこの会社は想像以上の可能性を秘めていると気づきました面白いことに私たちの目標について話を聞きに来たインタビュー相手や人々の一般的な反応は今でもそんなに多くのことを手掛けていて大規模だったのかと驚いていますここに来て私が目にしたのはプロフェッショナルに対して価値を創造して世界中の働き手にビジネスチャンスを作り出す中でほぼ無尽蔵の可能性を持つプラットオームがあり優れた才能を持つ人がいることです社員は338人しかいないのに様々なことが社内で起きていて有望な人材が配置されていることに気づきましたリードと第一原則をよく知らない人のために申し上げますと彼の唱える第一原則の1つが選択性を残すことですこれこそが彼が投資家として優秀であり続ける秘訣でありLinkedInがクリティカルマスに到達した理由の1つだと思います成長できるのはどの分野だろうかと見極めるために会社が幅広く投資をしているからだと思いますしかしながらやらなければならないたった1つのことは何だろうと本質的な質問を自問しなければいけない時が来ますそれは自分の核となる部分を定義する方法の1つなのですその時点まで来れば核を定義することについて会社の取るべき道を十分により具体的に理解していると思いますその規模の会社ならばかなり多くの事に取り組んでいるはずです