Photoshop フィルター徹底解説

ぶれの軽減

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ぶれてしまった写真を簡単にシャープにしてくれるぶれの軽減を使ってみましょう。
講師:
03:18

字幕

フォトショップには ぶれてしまった写真を 簡単にシャープにしてくれる 「ぶれの軽減」という機能があります こちらの使い方をみてみましょう 使い方は非常に簡単です まずは いつでも直せるように 「スマートオブジェクト」に変換しておきます 一番上のメニューから 「フィルター」 失礼しました 「レイヤー0」を選択したうえで 「フィルター」でしたね そうしたら「シャープ」 一番下の「ぶれの軽減」 こちらをクリックします そうするとこのような画面が表示されます まず なにもあたっていない場合 撮ったままの写真の場合がこちらですね 100%にしてみます そしてプレビューをします わかりますか? 少し精彩になったのがよくわかると思うのですが これは この「ぼかしのトレーシング境界」 こちらを強くするとさらに ディテールが細かく表示されるようになります 少なめにすると 元の写真に近いかたちになりますね なめらかさは シャープにしていくと 細かい粒子が目立ってしまいます そういうものを抑えるために設定する項目で こちらが少なければ少ないほど ノイズはのそままになりますし これを強めにしておくと 細かいノイズのところ そういったものが抑えられて なめらかに見えるようになります あとはぼかしでありがちな斑点などを抑制してくれたり 細かい調整が可能です 「ぶれの軽減」は非常に簡単で 便利なツールですが やはり向き不向きがあります なるべく光がしっかりあたっていること そして粒子が多すぎないこと このふたつがポイントです できましたね こんなかたちです わかりやすいように半分マスクをかけて 右側が当たってない状況にしましょう ちょうどこうするとわかりますね 右側が撮ったままの写真 左側が「ぶれの軽減」でシャープにしたものです 輪郭などがシャープになって わかりやすくはなりましたが その分エッジなども際立ってしまうので こんな感じですね うまく調整したり 適材適所で使ってみてください 非常に簡単なので デジタルカメラで撮ったごはんの写真などは こういったもので調整していくと 気軽にシャープをかけられて 楽しめるのではないでしょうか このレッスンでは 「ぶれの軽減」の使い方について解説しました

Photoshop フィルター徹底解説

Photoshopのフィルター機能は画像のクオリティをあげるため以外にも、現実の撮影では再現できないような幻想的なビジュアルを表現するときに欠かせません。このレッスンでは数あるフィルターの中でも特に重要なシャープやぼかし、レンズ補正などのフィルター、またモデルの表情をレタッチするのに効果を発揮するビックフィルターなどを厳選し、作例とともに詳しく解説します。

2時間29分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。