Photoshop フィルター徹底解説

虹彩絞りぼかしで遠くに焦点を合わせる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
虹彩絞りぼかしにて、光の反射などを表現するとカメラで撮影する「ボケ効果」も演出することができます。
講師:
03:43

字幕

「光彩絞りぼかし」にして 光の反射などを表現すると カメラで撮影するボケ効果も 演出することができます このようなかたちですね 手前の光がホワホワとなって 最近のウェブデザインや おしゃれな写真などでもよくみられる効果 こちらを使ってみましょう まず 「irisblur_bokeh_begin.tif 」 こちらを開きます ボケという言葉海外でも通じるんですね 私もびっくりしました それは置いといて 背景レイヤーを選択し 右クリックで 「スマートオブジェクト」に変換します 「フィルター」 「ぼかしギャラリー」から 「虹彩絞りぼかし」をクリックし 「ぼかしギャラリー」を表示させます 真ん中にあるピンを後ろの塔に 合わせて円を狭めましょう 縦長にし ちょうどこの 少し上目がいいですね こんな形で ちょっと縦長に 横を少し こんな感じにしていきましょう そうしたら あとはボケ具合ですね まわりを少し強めにぼかしていきます こんなくらいに そうしたら下のほうのパネル こちらの「ぼかし効果」を 表示させてください ここの光のボケ これをこのように強くしていくと 色がどんどん明るくなっていきます そして「ボケのカラー」  こちらを使うと鮮やかさが増します 0の時はこちらの緑など 少しくすんでいますが 右にもっていくことによって きらきらと鮮やかな色になっていきます 「光の範囲」 これをマイナスにしていくと まったく光のところがなくなりますが どんどん増やしていくと 強調されるかたちになります おもしろいですね こちらで「OK」ボタンを押します 確定できました さらにもう少しだけ エフェクトをかけていきましょう 「新規レイヤー」を作成します 「Option」キー Windowsの場合は「Alt」キーを押しながら 「新規レイヤー」作成をクリックします 出てきた「新規レイヤー」のダイアログから 「描画モード」 こちらを「オーバーレイ」に選択し 「オーバーレイの中性色で塗りつぶす(50%グレー)」 これにチェックを入れて 最後に「OK」ボタンを押します レイヤーが追加されました これを「スマートオブジェクト」に変換します 「フィルター」から「アーティスティック」 一番下の「粒状フィルム」を 選択して「OK」ボタンを押します そうするとこのような感じで 写真にノイズが入ります 非常に美しいです 少し変更したい場合などは もう一度「粒状フィルム」をクリックして 領域のハイライトを入れるなど 自分なりの工夫をしてみてください このレッスンでは「ぼかしギャラリー」の 「虹彩絞りぼかし」を使って ボケ効果 光の表現などを 変更する方法を学びました

Photoshop フィルター徹底解説

Photoshopのフィルター機能は画像のクオリティをあげるため以外にも、現実の撮影では再現できないような幻想的なビジュアルを表現するときに欠かせません。このレッスンでは数あるフィルターの中でも特に重要なシャープやぼかし、レンズ補正などのフィルター、またモデルの表情をレタッチするのに効果を発揮するビックフィルターなどを厳選し、作例とともに詳しく解説します。

2時間29分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。