Photoshop フィルター徹底解説

ぼけ足の強い背景画像を作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
虹彩絞りぼかしの光のぼけを調整することで、おしゃれな背景画像が作成できます。
講師:
02:53

字幕

「ぼかしギャラリー」の光のボケを 調整するパネルで数値をいじることで このような光の粒が鮮やかな おしゃれな背景画像を作成できます その方法を学んでいきましょう まず 「bokeh_texture_begin.psd 」ファイル こちらを開きます そうしてから「フィルター」の「ぼかしギャラリー」 「フィールドぼかし」 こちらをクリックして 「ぼかしギャラリー」を表示させます こんなかたちです さっそくこの「ぼかし効果」 こちらのスライドを移動させて 自分好みの色 粒の表現をしていきましょう このぐらいがおしゃれですね 色味はこのぐらいで これで「OK」ボタンを押します こんな感じになりました そうしたらこの自然な彩度1のレイヤーを 「Command + J」 Windowsの場合は「Ctrl+J」を押します そしてこちらを「Command + D」 Windowsの場合は「Ctrl + D」を押して そうすると「変形をプレビュー中は、 このレイヤーに適用されたスマートフィルターが 一時的にオフになります 変形を確定すると スマートフィルターが適用されます」と出ていますね 要はこのように角度を変えている途中は 後ろのようにエフェクトが かからないということです これを反転させて確定すると また元に戻ります そうしたら「Shift + Option + マイナス」 Windowsの場合は「Shift + Alt + マイナス」で 演算モードを1個1個切り替えて うまく重なるところを探していきましょう この色がよさそうですね またこの粒状のサイズを変えたい場合は ぼかしギャラリーをもう一度 クリックしてぼかしツール このぼかしを増やすと さまざまな大きさで作ることができます 明るさをもう少し暗めというか... 調整してボケのカラーを こんなかたちで調整していきます こんな感じになりました さまざまな効果を使うことで いろいろ素敵な見た目に作れますので いろんな写真で試してみましょう このレッスンではボケ効果を利用して おしゃれな背景画像を作る方法を学習しました

Photoshop フィルター徹底解説

Photoshopのフィルター機能は画像のクオリティをあげるため以外にも、現実の撮影では再現できないような幻想的なビジュアルを表現するときに欠かせません。このレッスンでは数あるフィルターの中でも特に重要なシャープやぼかし、レンズ補正などのフィルター、またモデルの表情をレタッチするのに効果を発揮するビックフィルターなどを厳選し、作例とともに詳しく解説します。

2時間29分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月15日
再生時間:2時間29分 (31 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。