Photoshop フィルター徹底解説

極座標を使ってスモールワールドな雰囲気の画像を作る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パノラマ写真を使って、まるでそれが地球の上でひとつなぎになっているような写真を作りましょう。
講師:
05:48

字幕

パノラマ写真を使って まるで それが地球上の一つなぎに なっているような写真を作りましょう まずこちら 「polarcoordinates2_begin」 というファイルを開きます これをパノラマ写真横に もう一つ複製して 繋ぎ合わせて 一枚の画像にし それをこのように 円形にさせていきたいと思います 「イメージ」こちらの 「カンバスサイズ」 こちらを 「pixel」にした上で こちらを 大体そうですね 横は4000pixelぐらいに しておきましょう 5000 3000だから6000ですね 左を 基準にしておきます そうすると 左側に残りの6000分の 画面が 追加されます 「OK」ボタンを押すと このようになりますね 約倍のカンバスを 横幅で作りました そうしたら この「Layer1」を 「Option」押しながら ドラッグをしていきます Windowsの場合は 「Alt」ですね 「Shift」をそのまま クリックすると 水平方向に きれいに移動出来ますよ 出来たらドラッグした マウスやボタンを離して下さい この状態で この「Layer 1のコピー」 これを「Command+T」 Windowsの場合は 「Ctrl+T」を押して変形させます そして右クリックで 「水平方向に反転」 これをクリックすると こんな形になります 「Enter」キーで 確定させましょう そうするとこのつなぎ目が 違和感のないように出来上がります この余った部分は 切り抜いてしまいましょう メニューの「イメージ」 「トリミング」を選びます 「透明ピクセル」を選ぶと こういった何もない箇所が 取り除かれるように なりますよ これでOKですね 準備が出来ました この2つのレイヤーを選択して 右クリックで 「スマートオブジェクトに変換」をします 準備が出来ました まずはこれを 画像サイズを変更し 使いやすい状況に していきます 「イメージ」の 「画像解像度」から こちらのサイズを 変更していきましょう そうですね正方形に ちょっとリサイズをしちゃいます ここの「縦横比を制限しない」 これを外して 「OK」ボタンを押して 2500の 2500に しておきましょうか 「解像度」は特に今は 高くなくてもいいので 早く表示出来るように 軽めにしておきます これで「OK」ボタンを押すと こんな形になりました ギュッと 縮まりましたね ではこれで 加工を始めていきます まずこれを 「Command+T」 Windowsの場合は 「Ctrl+T」を押して 変形して逆さにしておきます これで確定 そうしたらメニューの 「フィルター」から下の方にいき この「変形」ここから この「極座標」これを選びます そしてこちら「直交座標を極座標に」 っていうのを選んでおきます そうすると 簡単に こんな感じの見た目になりますよ 「OK」ボタンを押します こんな風に なりました すごい 簡単ですね あとは最後の仕上げとして 周りの部分 途中から極座標に なくなっているので その部分を マスクしていきます こちらの「ツールパレット」から 「楕円形ツール」を選び 真ん中を選択した上で 「Option」 「Windows」の場合は「Alt」ですね 押しながら「Shift」も合わせて押すと このように中心から 正円を描く事が出来ます 大体で構いませんので このように楕円形を作り この形で マスクしてしまいましょう 一番下に置いて クリッピングマスク 「Option+Command+G」 Windowsの場合は 「Alt+Ctrl+G」ですかね こんな風にします そして一番下に 黒い背景を付けときましょう これも一番下に置きます こんな感じですね あとは様々に 加工しても構いません つなぎ目だけ少し 違和感があるので ここをちゃんと調整しておく事を 忘れないようにしましょう 新しいレイヤーを 作成して こちら「ツールパレット」の 「スポット修復ブラシツール」 これで簡単になぞるだけで このシームを きれいにスムーズに 見せる事が出来ます 簡単ですね OKでしょう このようにすることで まるで世界の一つなぎのような 効果を作る事が出来ました 中にこのように 入れてもいいですし 周りに少し効果を 加えてもいいかもしれません お好きなように 作ってみて下さい このレッスンでは スモールワールドのような雰囲気の そんな作品を 作ってみました

Photoshop フィルター徹底解説

Photoshopのフィルター機能は画像のクオリティをあげるため以外にも、現実の撮影では再現できないような幻想的なビジュアルを表現するときに欠かせません。このレッスンでは数あるフィルターの中でも特に重要なシャープやぼかし、レンズ補正などのフィルター、またモデルの表情をレタッチするのに効果を発揮するビックフィルターなどを厳選し、作例とともに詳しく解説します。

2時間29分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。