Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

アルファチャンネルを作成して保存する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アルファチャンネルを作成して、アルファチャンネルを含めた状態で画像をいったん保存するまでの一連の操作を解説。Photoshop形式で保存をしておけば、ファイルを閉じてもPhotoshopを終了しても、いつでも同じ状態から再編集を始められる。
講師:
04:16

字幕

このレッスンでは アルファチャンネルを作成して アルファチャンネルを含めた状態で画像を 一旦保存するまでの一連の操作を解説します ここにパンケーキの写真があります この写真を使って 選択範囲を作って アルファチャンネルに保存します パンケーキの上半分を選択します 「クィック選択ツール」を選んで パンケーキの上をドラッグして 選択範囲に含めていきます 一段目 二段目 三段目 四段目までこのように選択範囲に加えます もしここで選択範囲が はみ出してしまった場合は Windows では Alt キー Mac では Option キーを 押しながら ドラッグして 選択範囲を削除します また 削れてしまっている部分は ドラッグして 選択範囲に含めます この選択範囲をアルファチャンネルに 保存しておきましょう 「チャンネル」パネルを開き パネルの下にあるー 「選択範囲をチャンネルとして保存」を クリックします アルファチャンネルに 選択範囲が追加されました 選択範囲を解除します 選択範囲メニューから 「選択を解除」を選びます チャンネル名をダブルクリックして 「パンケーキ」と変更しておきましょう このチャンネルをクリックすると アルファチャンネルの状態が グレースケールで表示されます ここで境界線を拡大表示してみると このようにギザギザしています この粗い輪郭を滑らかに処理しましょう これはアルファチャンネルレベルでの 編集になります フィルターメニューから 「ノイズ」を選び 「明るさの中間値」を選びます 半径をここでは 5 に設定して 「OK」をクリックします 輪郭が滑らかになりました 一番上の RGB をクリックして レイヤー表示を切り替えます 「手のひらツール」アイコンを ダブルクリックして 全体を表示させます ここで一度 アルファチャンネル付きの 画像を保存しましょう 保存しておけば 一旦 Photoshop を 終了して再起動したとしても 同じアルファチャンネルを読み込んで 作業を続けられます ファイルメニューから 「別名で保存」を選びます 保存する場所を指定し フォーマットを選びます 通常は「 Photoshop 」を選びます 「アルファチャンネル」に チェックが入ってることを確認して 「保存」をクリックします これでアルファチャンネル付きで 保存ができたので一安心です ファイルを閉じても Photoshop を終了しても いつでも同じ状態から再編集を始められます

Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

Photoshopで画像編集をするうえで欠かせないのがレイヤーとマスクです。このコースでは使いこなすのが難しいこれらの機能について詳しく解説します。そのほかに選択範囲やチャンネルの便利な使い方などについても解説します。コースの後半ではレイヤーのさまざまな機能を使いながら、実際に合成作品を作っていきます。

3時間32分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。