Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

マスクを反転する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マスクを反転させることで、画像の見せたい部分を簡単に切り替えることができる。レイヤーマスクを反転させるとどのように外観が切り替わるのか、また反転させる方法について解説する。
講師:
04:38

字幕

レイヤーマスクなど マスクを反転させることで 画像の見せたい部分を 簡単に切り替えることができます このレッスンではレイヤーマスクを 反転させると どのように外観が切り替わるのか また反転させる方法について解説します ここに満月の写真が開いています この写真の下には― このような夕焼け雲と小さな月の写真が 開かれています ここで大きな月で下の小さな月を 隠すという合成画像にしたいと思います 月の画像のレイヤーを選択して表示させます さてここで問題なのは どのような選択ツールを 選べばいいのかということと― 月の周りを選択するのか それとも月を直接選択するのか 迷うところです このように色の差がはっきりしていて 輪郭がくっきりしているものは 「クィック選択ツール」や 「自動選択ツール」 又は「マグネット選択ツール」が 適しています ここでは「自動選択ツール」を使って 色の差の少ない方 この画像で言うと 月の周りの黒い空の部分を ターゲットに選んでいくと簡単です オプションバーでは― 基本の「許容値」が 32 になっています この数値を下げると 極めて同じ色だけを選択しますが 数値が大きくなる程 選択する色の数も増えます ここでは標準の 32 に設定してみます 「エッジ効果を滑らかに」を 有効にしておきます 輪郭を滑らかに選択する機能です 写真など多色で構成されている 画像を選択するときには 有効にしておきます これで空の部分をクリックすると 一回できれいに選択できました 空を選択した状態で レイヤーマスクを追加してみましょう レイヤーパネルの下にあるー 「レイヤーマスクを追加」 アイコンをクリックします その結果がこれです 大きな月だけが表示されているかと思いきや なんと月の部分が繰り抜かれてしまいました 実は選択範囲をレイヤーマスクに変換すると 選択範囲の部分だけレイヤーの画像が残り 選択範囲外だった部分は繰り抜かれたように 下の画像が透けて見えるのです レイヤーマスクを見ると― 黒く塗りつぶされている部分が マスクがかかっている部分です この部分がマスクによって 透過されているというわけです それではマスクを反転させたら どうでしょうか レイヤーマスクをダブルクリックして 属性パネルで「反転」をクリックします これで大きな月によって 下の月が隠されて 月の周りには下のレイヤーの画像が 表示されました Windows では Ctrl+I キーを Mac では Command+I キーを押すと レイヤーマスクの階調が反転します もう一度押すと元に戻ります この操作でも反転を切り替えられます このように選択範囲はきれいに簡単に 選択できる領域を利用して レイヤーマスクをかけてみて 逆の効果になってしまった場合は レイヤーマスクの階調を反転する という操作が必要になります

Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

Photoshopで画像編集をするうえで欠かせないのがレイヤーとマスクです。このコースでは使いこなすのが難しいこれらの機能について詳しく解説します。そのほかに選択範囲やチャンネルの便利な使い方などについても解説します。コースの後半ではレイヤーのさまざまな機能を使いながら、実際に合成作品を作っていきます。

3時間32分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。