Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

レイヤーマスクの概要

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopのマスクには、大きくレイヤーマスクとベクトルマスクの2種類に分かれている。これらのマスクの組み合わせによって、表示、非表示の領域を思い通りに指定することができる。
講師:
03:08

字幕

Photoshop での編集において マスクの操作は欠かせません Photoshop で言うマスクとは 基本的にレイヤーマスクと もう一つのマスクによる操作を指します このレッスンではレイヤーマスクの種類と 共通した機能や使い方について解説をします マスクは個々のレイヤーや レイヤーグループに適用される物で レイヤーでの操作に欠かせません マスクはレイヤーの画像の一部分を見せたり 覆い隠したりする領域を操作するものです この部分がレイヤーマスクです レイヤーのサムネイルの右に表示されています レイヤーマスクをかける前の画像は このようにハサミと二枚のシャツが 写っている画像ですが シャツの形に合わせてマスクをかけると このようにマスクのかかっている部分に 下のレイヤーのグラデーションが 透けて見えます レイヤーマスクサムネイルの黒い部分が マスクのかかっている部分です このように白から黒への グレースケールによって 透明度を調整するものです 次に maskvector bitmap.psd という 画像を開いてみましょう さてこの上下二つのレイヤーマスクは 同じように見えますが 実は種類が異なります bitmap 画像扱うレイヤーマスクと ベクトルマスクです 下のレイヤーマスクは bitmap 画像で 構成されているため ブラシでも細かい調整が可能です 上のベクトルマスクはペンツールや シェープツールでマスクの領域を 指定するもので パス操作によって柔軟に境界線を 編集することができます マスクの領域がグレーで表示され パスパネルでの領域の管理が可能です また一つのレイヤーには このレイヤーマスクと ベクトルマスクを一つずつ 追加することができます このように Photoshop のマスクには 大きくレイヤーマスクとベクトルマスクの 2種類に分かれています これらのマスクの組み合わせによって 表示/非表示の領域を思い通りに 指定することができます

Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

Photoshopで画像編集をするうえで欠かせないのがレイヤーとマスクです。このコースでは使いこなすのが難しいこれらの機能について詳しく解説します。そのほかに選択範囲やチャンネルの便利な使い方などについても解説します。コースの後半ではレイヤーのさまざまな機能を使いながら、実際に合成作品を作っていきます。

3時間32分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。