Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

レイヤーマスクの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーマスクとベクトルマスクを作成するいろいろな方法と、双方での共通点について解説。
講師:
04:04

字幕

このレッスンではレイヤーマスクと ベクトルマスクの作り方を解説します Photoshop で言うマスクを かけるという操作は レイヤーごとにレイヤーマスクや ベクトルマスクをかけることを指します レイヤーを追加した時点で 通常はマスクはついていません ですから任意で追加することになります レイヤーマスクを追加するには レイヤーパネルの下にあるー 「レイヤーマスクを追加」 アイコンをクリックします 同じように「レイヤー」メニューからも 作成することができます 「レイヤー」メニューの「レイヤーマスク」には 五つの項目が並んでいます この中から何れかを選びます 「すべての領域を表示」を選ぶと レイヤーサムネイルの右に白く塗りつぶされた レイヤーマスクが出来ます 白い部分にはマスクがかかっていないため 画像はそのままの状態で表示されます また「すべての領域を隠す」を選ぶと 黒く塗りつぶされた レイヤーマスクが追加されます 黒い部分がマスクです 全体を覆い隠すためレイヤーは透明になります また選択範囲を作った状態で 「選択範囲外をマスク」を選ぶと 選択範囲外が黒く塗りつぶされて 透明になります 「選択範囲をマスク」を選ぶと 今度は選択範囲にマスクがかかり 透明になります また 一部分を透明にした状態で 「透明部分をマスク」を選ぶと 透明部分にマスクが追加されます ここまではマスクを bitmap 画像として ブラシなどで操作ができる レイヤーマスクの追加方法でしたが もう一つのベクトルマスクは性質が異なるため 作成の方法も少し変わります ベクトルマスクは選択範囲から作る物ではなく ベクトルデータのパスで囲んだ 領域を元にマスクを作るというものです ですから 先にパスで領域を作成してから レイヤーメニューの「ベクトルマスク」から 「現在のパス」を選びます ベクトルマスクの特徴はマスク部分がグレーで 境界を細い線で表示しています また レイヤーパネルのボタンから ベクトルマスクを作成する場合は 最初のクリックで まず レイヤーマスクを作成してから もう一度クリックします するとレイヤーマスクの右隣に追加されます 以上 レイヤーマスクと ベクトルマスクを作成する上での共通点は レイヤーに任意で追加するということを 覚えておきましょう

Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

Photoshopで画像編集をするうえで欠かせないのがレイヤーとマスクです。このコースでは使いこなすのが難しいこれらの機能について詳しく解説します。そのほかに選択範囲やチャンネルの便利な使い方などについても解説します。コースの後半ではレイヤーのさまざまな機能を使いながら、実際に合成作品を作っていきます。

3時間32分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。