Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

レイヤーマスクの操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーマスクとベクトルマスクを操作するうえでの共通点と異なる点について解説。
講師:
06:04

字幕

このレッスンではレイヤーマスクと ベクトルマスクの操作の方法を解説します レイヤーマスクもベクトルマスクも 一部を除いて殆どの操作方法は同じです ここでは ベクトルマスクの レイヤーを非表示にして レイヤーマスクで操作をしていきます レイヤーの画像とレイヤーマスクは リンクされているため 移動ツールでドラッグすると レイヤーもレイヤーマスクも同時に動きます また 変形もこのように同時に行われます この鎖のアイコンをクリックして解除すると これでリンクが解除されます そのため レイヤーのサムネイルを 選択した状態でドラッグすると 画像だけが移動します 逆にレイヤーマスクを選択してドラッグすると 今度はマスクの範囲が移動します レイヤーマスクは bitmap 画像なので ブラシでマスクの範囲を矯正できます Windows では Ctrl キーを押しながら Mac では Command キー押しながら レイヤーマスクをクリックすると このように選択範囲が出来ます これもレイヤーマスクの特徴です また レイヤーマスクの状態を グレースケールで表示するには Windows では Alt キーを押しながら Mac では Option キー押しながら レイヤーマスクのサムネイルをクリックします もう一度クリックすると元の表示に戻ります Shift キー押しながら レイヤーマスクをクリックすると バツ印がついて マスクが無効になります もう一度クリックすると  マスクが有効になります レイヤーマスクを削除するには レイヤーマスクを「レイヤーを削除」 アイコンにドラッグします ダイアログボックスで 現在のマスクがかかった状態で レイヤーマスクを削除するのか もしくはマスクの効果を解除して レイヤーマスクを削除するのかを選びます このダイアログボックスを出さずに ダイレクトにレイヤーマスクの 効果ごと削除するには レイヤーマスクを右クリックで 「レイヤーマスクを削除」を選びます 次にベクトルマスクの操作を解説します レイヤーマスクのあるレイヤーを非表示にして ベクトルマスクのレイヤーを 表示させて選択します ベクトルレイヤーも最初から レイヤーの画像とリンクされています 移動ツールでドラッグすると 共に移動します 拡大や縮小にも連動しています 次にリンクを外してみましょう レイヤーのサムネイルを選択して 移動ツールを使ってドラッグすると レイヤーの画像だけが移動します ここまではレイヤーマスクと同じですが ベクトルマスクをクリックしても 操作はできません ベクトルマスクはパスなので パスコンポーネント選択ツールを 選ばなければ操作ができません 「パスコンポーネント選択ツール」を選び クリックして  パスを選択した状態で移動ができます また マスクの編集をする場合は 「パス選択ツール」を選んで シェープなどと同様にパスで調整をします ブラシによる調整は出来ません ベクトルマスクの削除の方法も同じです ただし 現在の効果を適用する事は出来ません マスクの効果ごと削除されます さて ここまで二つのマスクを比較しながら 解説をしましたが 決定的に異なる点があります それはベクトルマスクは レイヤーマスクに変換できますが レイヤーマスクをベクトルマスク化 出来ないことです ベクトルマスクを右クリックで 「ベクトルマスクをラスタライズ」を選ぶと このようにレイヤーマスクに変わりました ベクトルマスクをブラシなどで 調整をしたい時は ライスタライズを行いますが ベクトルデータとしての情報は 失われてしまう点だけは注意しておきましょう

Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

Photoshopで画像編集をするうえで欠かせないのがレイヤーとマスクです。このコースでは使いこなすのが難しいこれらの機能について詳しく解説します。そのほかに選択範囲やチャンネルの便利な使い方などについても解説します。コースの後半ではレイヤーのさまざまな機能を使いながら、実際に合成作品を作っていきます。

3時間32分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。