Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

クイックマスクを利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クイックマスクは一時的に利用するための選択範囲の調整用ツール。思い立ったときにこのボタンをクリックして、ブラシで絵を描く感覚で選択範囲を思い通りに操作しよう。
講師:
10:24

字幕

Photoshop のマスクには主に レイヤーマスクとベクトルマスクがあります これらはレイヤー毎に管理されるマスクですが チャンネルとして管理できる 簡易マスクがあります それがクイックマスクです このレッスンではクイックマスクを使って この赤い魚の輪郭を このように 滑らかに切り取ってみましょう クイックマスクの選択範囲とは 切り離せない性質のものです 選択範囲がクイックマスクになりますし クイックマスクで編集した結果が そのまま選択範囲になります クイックマスクは bitmap 画像なので 直接ブラシや塗りつぶしツール またはグラデーションなどで マスク領域を調整するということでは レイヤーマスクと似ていますが レイヤーマスクのように個々のレイヤーに 限定されるものではなく どのレイヤーにもすぐ適用できます マスクを作る目的ではなく 選択範囲を細かく調整するという目的で 思い立った時にすぐに選択範囲を 調整できるというのが クイックマスクの最大の利点です では早速クイックマスクを使ってみましょう その前にこの赤い魚の形を ざっと選択していきます この赤い魚は見て分かるように 尾びれなどの輪郭がとても滑らかで 部分的に透けています このような輪郭が曖昧なものを選択するには 選択ツールは不得意としているので ここではチャンネルから選択範囲を 抽出していくことにします チャンネルパネルを開き― レッド グリーン ブルーの各チャンネルを クリックして切り替えます この中で一番コントラストの 高いチャンネルはと言うと レッドのようです レッドチャンネルを「新規チャンネルを作成」 アイコンにドラッグして 複製します この「レッドのコピー」チャンネルを 更にコントラストを高めて 魚と背景の境界をくっきりとさせていきます イメージメニューから― 「色調補正」の「レベル補正」を選びます ハイライトの入力レベルを 左にドラッグして 魚の内部ができるだけ白く かつ輪郭が粗くならない程度まで 左にドラッグします ここでは 140 に設定します シャドーの入力レベルのスライダーを 魚の輪郭がつぶれない程度に かつ背景ができるだけ濃くなるように 右にドラッグします ここでは 107 に設定をしました 「OK」をクリックします 「チャンネルを選択範囲として読み込む」 アイコンをクリックして チャンネルから選択範囲を作りました RGB カラー合成チャンネルをクリックして カラー表示に戻します 選択はされましたが まだ内部に 選択範囲の取り残しがあるようです これをクイックマスクモードで編集で 魚をきれいに選択していきます 「クイックマスクモードで編集」ボタンを クリックします すると新たに「クィックマスク」という チャンネルが追加されました ここにブラシツールで直接編集していきます チャンネルの白い部分が選択範囲 黒い部分が選択範囲外です 初期設定では クイックマスクの領域は 識別しやすいように赤い 半透明の塗りで表示されます ところがこの画像の場合 魚が赤いので どこにマスクがかかっているのか いないのか 非常に分かりづらくなっています このような場合は クイックマスクのオーバーレイ色を 変更しましょう 「クイックマスク」チャンネルを ダブルクリックします クイックマスクオプションで 表示色のカラーをクリックして カラーピッカーで ここでは分かり易いように青い色を 設定して「OK」をクリックします これで今度は識別し易くなりました クイックマスクの色は識別する為のもので 画像に直接着色するものではありません この画像で言うとクイックマスクは 背景と 赤い魚の一部分にもかかっています ここでブラシを使って 背景のマスクがかかっていない 部分を塗っていきます 「ブラシツール」を選んで 「描画色と背景色を初期設定に戻す」ボタンを クリックして 描画色を黒に 背景色を白に設定します ブラシの種類は「ハード円ブラシ」を選びます ブラシのサイズは 58 ピクセルに設定しています 不透明度は 100 %に設定します 背景の左上にあるこの部分をドラッグして 塗りつぶします 下の この部分も 塗ります 赤く残っている部分はドラッグして 消していきます ここで一度 「クイックマスクモード」アイコンをクリックして クイックマスクモードを解除してみます 背景に残っていた選択範囲は削除できましたが 魚内部の選択しきれていない部分があります もう一度クィックマスクモードにします 「描画色と背景色を入れ替え」をクリックすると 今度は描画色が白になります この状態で 魚の目や― 腹部に残っている青い部分を ドラッグして消していきます 不透明度を今度は 50 %に落として ブラシの硬さを0%にして 軟らかくします ヒレの部分をドラッグして 半透明にします これで調整が完了したので 「クイックマスクモード」をクリックして 元の選択範囲の表示に戻します この選択範囲をレイヤーマスクに反映させます レイヤーパネルに切り替えて 「マスクを追加」をクリックします 背景が透明になって魚だけが切り取られました 仕上げに背景を着色していきましょう 新規レイヤーを追加して 描画色を水色に― 背景色を白にします 「グラデーションツール」を選んで 画像をドラッグして― 塗りつぶします 「レイヤー1」レイヤーを下にドラッグして レイヤーの重なり順を入れ替えます このように塗り残っている部分は もう一度レイヤーマスクをクリックして 描画色を黒に設定して ブラシツールで― 硬さを 100 %にして 不透明度を 100 %にして ドラッグして塗り消していくと良いでしょう これでヒレの部分も透けて 背景になじみながら重ねることができました チャンネルパネルを見ると 先程のクイックマスクチャンネルは 消えてしまいましたが 同じマスクが「レイヤー0」の レイヤーマスクに生まれ変わったわけです このようにクイックマスクは 一時的に利用する為の 選択範囲の調整ツールです 思い立った時にこのボタンをクリックして 選択範囲を思い通りに操作しましょう

Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

Photoshopで画像編集をするうえで欠かせないのがレイヤーとマスクです。このコースでは使いこなすのが難しいこれらの機能について詳しく解説します。そのほかに選択範囲やチャンネルの便利な使い方などについても解説します。コースの後半ではレイヤーのさまざまな機能を使いながら、実際に合成作品を作っていきます。

3時間32分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。