Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

スマートフィルターのマスク効果を調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマートフィルターは最初に作っておくという手間が必要だが、複数のフィルターを一括管理できて便利。高度なコントロールをレイヤー感覚で使えるというのも、スマートフィルターの特徴といえる。
講師:
03:28

字幕

スマートフィルターは効果をかけた後から 自由に調整が可能な点が優れています またスマートフィルターには効果を 調整するためのレイヤーマスクが付いています このレッスンではスマートフィルター用の レイヤーマスクの効果と マスクの調整方法について解説します ここに複数のフィルターの効果がかかった スマートフィルターの画像があります スマートフィルターのレイヤーマスクは真っ白です つまりマスクはかかっていない状態です ここにブラシを使ったり 選択範囲などでマスク領域を指定します レイヤーマスクをクリックして選択します 「描画色と背景色を初期設定に戻す」 アイコンをクリックして 描画色を白 背景色を黒にします 「長方形選択ツール」を選んで 画像の縁よりも内側を ヒュ~ンとドラッグして囲みます この状態で Delete キーを押すと― 選択範囲に元の画像が表示されます レイヤーマスクを見ると 選択範囲のところが黒く塗りつぶされています つまり黒いマスクの部分だけ効果が消えて 元の画像が透けて見えるという状態です このマスクによってフィルターの効果の量や 境界のぼかしを加えられます ここで選択範囲を解除します Windows では Ctrl+D キーを Mac では Command+D キーを押して 選択範囲を解除します レイヤーマスクをダブルクリックすると開く 属性パネルで 「濃度」のスライダーを左にドラッグすると 徐々にマスクの効果が加わります マスクの濃度が薄くなっているためです また「ぼかし」のスライダーを 右に移動させると マスクの境界のぼかしの 範囲が広がっていきます このようにスマートフィルターには レイヤーマスクのように 専用のマスクで部分的にフィルターの効果を 見せたり 隠したり指定ができます ただしスマートフィルターの効果専用マスクは レイヤーにつき一つのみです 追加はできませんが スマートオブジェクトには 通常のレイヤーと同様に レイヤーマスクやベクトルマスクを 追加することができます スマートフィルターは 最初に作っておくという手間が必要ですが 複数のフィルターを一括管理します このような高度なコントロールを レイヤー感覚で使用できるというのも スマートフィルターの特長といえるでしょう

Photoshopのレイヤーとマスクの基本を学ぼう!

Photoshopで画像編集をするうえで欠かせないのがレイヤーとマスクです。このコースでは使いこなすのが難しいこれらの機能について詳しく解説します。そのほかに選択範囲やチャンネルの便利な使い方などについても解説します。コースの後半ではレイヤーのさまざまな機能を使いながら、実際に合成作品を作っていきます。

3時間32分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。