Photoshopでイラストを描こう!

手描きの下絵をペンで清書する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、手書きの下絵をペンで清書する作業について、解説します。この時点では、まだPhotoshopの中に取り込むのではなく、手作業ですが、あとでデジタル加工しやすい作業についてお話しします。
講師:
05:54

字幕

このレッスンでは手書きの下絵を ペンで清書する作業について解説します この時点では まだ Photoshop の中に データを取り込むのではなく 手作業のお話です しかし 後でデジタル加工し易い 清書の方法についてお話しをします まず最初に清書する道具について ご紹介しましょう 基本的にはご自分の絵のタッチで お好みのものを選べばよろしいかと思います 念のため 私の好みをお伝えしておくと このように線の太さが比較的均一で 色が濃いので 水性のサインペン―太さの違うものを いくつか揃えて使っています 油性より水性の方が紙ににじんだり 裏うつりしないので 水性の方を選んで使っています もっとマンガのようなタッチを描かれる方は G ペンですとか丸ペンを セレクトしても構いませんし 和風なイラストを描こうと思われる方は 筆を使ってもよいでしょう これはもうお好みで選んでください 次に紙についてです この清書した紙をスキャンして この後の作業に利用しますので 余分な罫線ですとか背景の うっすらと色のついたようなものではなく できるだけ真っ白いものを選んでください 薄い黄色や灰色っぽい色がついている 紙もありますけれども スキャンした後の 地を真っ白にする作業に時間がかかります できるだけ真っ白なものを 選ぶことをお勧めします また 線を滑らかに見せたいのであれば できるだけ 凹凸がない紙を用意してください またこの後 トレースと呼ばれる作業をしますので できるだけ薄い紙の方が 光で透けて見やすいと思います トレースについてお話ししましょう 清書の作業はトレース台― またはライトボックスと呼ばれる道具を 利用して行うことが一般的です このように下書きの絵の上に 1枚きれいな紙を置いて 後ろから光を当ててなぞっていきます トレース台そのものをお持ちの方は それをもちろん利用すればいいでしょうし もし ない方で何か代わりの物をとお考えの方は iPad をトレース台にする ライトボックスというアプリがあります アップルストアでこのように 100円 で販売されているのですけれども 基本的には シンプルに iPad を真っ白く 光らせてくれるという機能のアプリです 用途に応じて 脇に罫線を表示させることもできます 今 このサンプルでは iPad の中に ライトボックスというアプリを入れて トレースをしてみています こちらも ご自分の状況に応じてお選びください では 次に線を描くときのちょっとした ポイントについてお伝えしたいと思います 今 ご覧いただいているのは清書が終わった イラストを拡大して見ていただいています お気づきの方もいらっしゃるかも 知れないんですけれども 一番外側の輪郭線は太めの線 そして 内側の細かい描き込みは 細めの線で描き分けられています こちらのアスパラガスの イラストも同様で 外側の線は太く 内側の描き込みは細く描かれています このようにすると 全部太い線で描いてしまうよりも 見やすくすっきりとした 描線になりますので 試してみてください 最後にスキャンした後の塗りの作業を 楽にしたいという方のための ポイントをお話しします 今 ご覧いただいている この2つの花の絵ですけれども 左側が全て線が閉じられている状態 そして 右側が隙間がある状態です これを塗り分ける時にどのような 違いがあるのかを見ていきましょう レイヤーパネルで「背景レイヤー」を 選んで作業を進めます 描画色を黄緑色にしてあります そして塗りつぶしツールをセレクトします 葉っぱの部分― こちら閉じた葉っぱの部分を 塗りつぶしツールでクリックすると 一発でこの中身が塗られます しかし 右側の花の様に 切れてしまっている物― こちらをクリックするとこのように色が 背景に漏れ出してしまいます こういう切れた状態の清書ですと 塗りつぶしツールが使えませんので ブラシツールで形に塗りつぶしたりですとか パスを切って作業をしたりですとか 作業が増えてきてしまいます ですので できるだけこのべた塗りを 楽にしたい方は 必ずすべての線を 閉じておくように心がけてください 塗りつぶしツールだけではなくて 自動選択ツールですとか Illustrator でベクターデータに 変換するときも 隙間がないようにしておくと 色の塗りが格段に楽になります 以上 このレッスンでは 手描きの下絵をペンで清書する時の コツと注意事項についてお話ししてきました この後の作品の仕上がりを良くするために 丁寧に描いておきましょう

Photoshopでイラストを描こう!

非常に多機能なPhotoshopはイラスト制作でも強力なパワーを発揮します。このコースでは紙に描いたスケッチをPhotoshopに取り込み、描線を活かした画風で彩色したり、ペンタブレットを使って漫画風のアレンジで描くなど、いくつかのタッチでイラストを描く方法を紹介します。またIllustratorと連携して描線をベクターデータに変換する方法も解説します。

2時間39分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。