Photoshopでイラストを描こう!

主線用のレイヤーと彩色用のレイヤーを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Adobe Photoshopを使って、主線と呼ばれるイラストの輪郭線のレイヤーと、彩色用のレイヤーを作成する方法をお話しします。
講師:
06:29

字幕

このレッスンでは Adobe Photoshop を使って 主線と呼ばれるイラストの輪郭線の レイヤーと彩色用つまり 色を塗るためのレイヤーを 2つ作る方法についてお話していきます 今開いているファイルについて ご説明しましょう レイヤーパネルを見てみますと まず「背景」レイヤー 真っ白いレイヤーが1つあります そして非表示になっている 「パーツ」というグループがありまして この中にイラストの中の それぞれのパーツが格納されています こちらは今は作業では使わないで もし修正があった時のために 予備で残してあるものです そしてこの「パーツ」を統合したレイヤー 「統合レイヤー」という名前の 一枚にくっついている状態の レイヤーがあります この統合レイヤーそのものに色を塗って いっても構わないのですけれども よりきれいな色を塗るために 色を塗るためのレイヤーを別にもう1つ 作っておきたいと思います では早速作っていきましょう まずは「統合レイヤー」を選択した状態で キーボードの Command キーを押しながら 「レイヤーサムネール」の部分を クリックします 今マウスカーソルの右下に四角い点々が 表示されていますけれども この状態でクリックすると このように黒い線のところが 選択範囲として作成されます やり方ですが「統合レイヤー」の 「レイヤーサムネール」を Command もしくは Ctrl キーを押しながら クリックすることによって 線の部分を選択範囲として とることができます この作業はレイヤーの中で色がついている ピクセルの所を選択する という処理になっていますので 透明な部分と色がついている部分が ある時に使える方法です 「レイヤーサムネール」を Command もしくは Ctrl キーを押しながらクリックです 少しズームをして確認してみましょう このように線のところが全て 選択範囲になっていますけれども この選択範囲を1ピクセル内側にして 細い選択範囲を作ります メニューバーの「選択範囲」から 「選択範囲を変更」そして 「縮小」を選択して下さい そして1ピクセル 1という数字を入れて「 OK 」します すると1ピクセル内側に入った 選択範囲を作ることができました この状態になりましたら 新規レイヤーを1つ作ります レイヤーパネルの一番下の アイコン群のうち右から二番目 「新規レイヤーを作成」をクリックして 名前を「彩色用レイヤー」としておきましょう 色を塗るためのレイヤーです これを「統合レイヤー」の下に入れます 上に線のレイヤー 下に色をつけるための レイヤーという重なり順にします ここまで準備ができましたら 描画色を黒にします 描画色と背景色のアイコンの左下にある 「描画色と背景色を初期設定に戻す」ボタンを 押すとすぐに描画色を黒にできます 「彩色用レイヤー」 そして1ピクセル小さい選択範囲の準備 そして描画色を黒 ここまでが整いましたら メニューバーの「編集」から 「塗りつぶし」を選びます 塗りつぶしの内容を「描画色」にして下さい 「 OK 」をクリックします 選択範囲を解除して確認してみましょう メニューバーの「選択範囲」から 「選択を解除」を選びます 「統合レイヤー」を非表示にすると 少し細めの線のレイヤーが 下にできてることが分かります 元の太さの線の「統合レイヤー」 そしてその下に細めの線の 「彩色用レイヤー」の 二つが重なっている状態です このようにする理由について お話しておきましょう 例えば「彩色用レイヤー」を作らないで 一旦非表示にしておいて 「統合レイヤー」を選んで 直に色を塗って行くと仮定します 例えばヒゲのところを塗るために ヒゲを明るめの茶色にして 塗りつぶしツールで「統合レイヤー」の ヒゲのところをクリックします 塗りつぶすことができるんですけれども よく見るとこの色と線の境目に 少し薄くなっている部分 ボヤッとした色の薄い部分が どうしてもできてしまいます もし「彩色用レイヤー」をきちんと作って こちらに対して塗りつぶしツールで 色をつけると 縁の部分もきれいに塗られているのが お分かりいただけますでしょうか これは線が細めの「彩色用レイヤー」に 色を塗った上から 太めの線が重なっているので 縁のところがきれいに処理されて いるという仕組みになっています レイヤーを2つに分けることで 少し手間がかかりますけれども 彩色のクォリティが上がりますので ぜひ この方法を試していただくことを お勧めします ここまで Adobe Photoshop を使って 主線と呼ばれるイラストの輪郭線のレイヤーと 彩色用―色を塗るためのレイヤーを 作成する方法をご説明してきました

Photoshopでイラストを描こう!

非常に多機能なPhotoshopはイラスト制作でも強力なパワーを発揮します。このコースでは紙に描いたスケッチをPhotoshopに取り込み、描線を活かした画風で彩色したり、ペンタブレットを使って漫画風のアレンジで描くなど、いくつかのタッチでイラストを描く方法を紹介します。またIllustratorと連携して描線をベクターデータに変換する方法も解説します。

2時間39分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。