Photoshopでイラストを描こう!

印刷用やWeb用に書き出す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Adobe Photoshopの.psdファイルで制作してきたイラスト用のファイルを、印刷用に別名保存したり、Web用に書き出す方法についてご説明します。
講師:
06:44

字幕

このレッスンでは Adobe Photoshop の PSD ファイルで制作してきた イラスト用のファイルを 印刷用に別名保存したり Web 用に書き出す方法について ご説明します まず最初は印刷用に別名で保存をする やり方についてお話をしましょう 印刷用の写真データとしてよく使われるのは EPS という形式です ここでは EPS に変換をした後に カラーモードと解像度を変更してみましょう メニューバーの「ファイル」から 「別名で保存」を選択します 「フォーマット」の部分の ドロップダウンメニューを開いて 「Photoshop EPS」を選択して下さい そしてカラープロファイルの埋め込みは チェックが付いた状態でかまいませんので 保存をクリックします EPS オプションのところで 「プレビュー」を「TIFF (8 bit/pixel)」 「エンコーディング」を「JPEG - 最高画質」に しておきます 他は全てチェックが無い状態にして OK をクリックしてください この PSD が開いた状態で 別名保存されましたので いま保存された EPS を開きます メニューバーの「ファイル」から「開く」で 先ほど保存をした EPSファイルを探してきて 開きましょう このデータを印刷用にするためには まだ少し変換をする必要があります ひとつ目は解像度です メニューバーの「イメージ」から 「画像解像度」を選択して下さい いま 72 dpi の解像度で 作業していましたので こちらを印刷用途の 350 dpi に 修正をします そのとき「再サンプル」のチェックを 外して下さい 再サンプルにチェックが付いている状態ですと 元々少ないピクセルを 引き延ばして増やすという 動作になってしまいますので 再サンプルのチェックを外して その後に解像度の数値を変更します そうしますと 350 dpi の場合に いまある 2000 pixel 四方の このデータは― 一辺が 14.51 cm のサイズになるよ ということが分かります これで OK をクリックします 画像の pixel 数は変わらないのですが 1インチ当たりに割り当てられる pixelの数が 72 から 350 に変更されました これで印刷用の解像度に変わりましたので 次はカラーモードを変更します メニューバーの「イメージ」から「モード」 そして「CMYK カラー」に 変更してください アラートが出たら OK にします このとき 「Japan Color 2001 Coated」という プロファイルを使うのが一般的です OK をクリックします タブのところで CMYK に 変わったことが分かります 先ほどの CMYK のプロファイルについて もう少しご説明をしておきましょう メニューバーの「編集」から 「カラー設定」を開きます ここで「作業用スペース」の部分の CMYK が Japan Color 2001 Coated に なっていることが だいたい一般的ですので こちらを選んでおいてください この状態で CMYK に変更すると 先ほどのようなアラートが出ますので OK をクリックすれば大丈夫です ここまで作業できましたら メニューバーの「ファイル」から 「保存」をしておきます これで このイラストのファイルは 印刷物のデータに配置しても 対応できるデータとなりましたので このまま閉じてしまいます ではもう一つ Web 用に書き出すという 作業をしてみましょう メニューバーの「ファイル」から 「Web 用に保存」を選択します そして右上のドロップダウンメニューから ファイルのフォーマットを選びます JPEG にすることが多いのではないかと 思いますけれども JPEG にして画質を選択して下さい そして画像サイズも こちらで変更することができます いま横幅も高さも 2000 pixel ですけれども 少し大きいので― 500 pixel ぐらいにしてみましょうか 画像サイズの鎖のアイコンがある場合は 縦横比率をキープしたまま 画像の幅を変更してくれますので 片方を 500 にすると もう片方も― 500 になっています イラストが 500 x 500 pixel の大きさで 書き出されますので 保存をクリックします そして適切な場所に ファイル名に2バイトの文字― 平仮名や漢字が含まれないようにして 保存をしてください 書き出されたファイルを 開いて確認してみましょう メニューバーの「ファイル」から「開く」で 先ほど「書類」フォルダに 保存をしましたので 書類フォルダを探します そして― 先ほど書き出されたファイルがありますので 開いてみましょう こちらが元ファイル いま 25% の表示倍率になっていますが これを 100% に変更すると これぐらい大きなファイルです これに対して 書き出された Illustration.jpg というファイルは 100% 表示の状態で このサイズ― 500 x 500 pixel の 状態になっていることが分かります ここまで Adobe Photoshop の PSDファイルで 制作してきたイラスト用のファイルを 印刷用に別名保存したり Web 用に書き出す方法について ご説明しました

Photoshopでイラストを描こう!

非常に多機能なPhotoshopはイラスト制作でも強力なパワーを発揮します。このコースでは紙に描いたスケッチをPhotoshopに取り込み、描線を活かした画風で彩色したり、ペンタブレットを使って漫画風のアレンジで描くなど、いくつかのタッチでイラストを描く方法を紹介します。またIllustratorと連携して描線をベクターデータに変換する方法も解説します。

2時間39分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。