Photoshopでイラストを描こう!

スキャンした下描きを使って作画用ファイルを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、鉛筆で描いたイラストの下書きをスキャンし、Adobe Photoshopとペンタブレットを使って清書するための作画用ファイルの準備について、ご説明していきます。
講師:
06:22

字幕

このレッスンでは鉛筆で書いたイラストの 下書きをスキャンし Adobe Photoshop とペンタブレットを 使って清書するための 作画用ファイルの準備についてご説明します 今 画面でご覧いただいているのは 私が鉛筆でスケッチブックに 下書きしたイラストの下絵です RGB で JPEGファイル そして解像度ですけど メニューバーの「イメージ」から 「画面解像度」を開いて確認すると 400dpi であることが分かります この解像度に関しては ご自分の作業しやすい解像度 または web 用 印刷用といった用途に応じて 変更していただいても大丈夫です ここでは 400dpi という解像度で スキャンしておいたファイルを利用していきます OKをクリックします さて このスキャンした JPEG のファイルですけれども この後作業を進めるにあたりレイヤーを 使っていく必要がありますので PSD に変換しましょう メニューバーの「ファイル」から 「別名で保存」を選択します 保存先を指定してフォーマットを Photoshop にしてください カラープロファイルですけれども 私はこの後 web でこのイラストを 利用することを想定して sRGBのカラー プロファイルを埋め込んでおきたいと思います ファイルの名前を分かりやすいように 付けていただいてかまいませんけれど ここでは「illustration」と しておきたいと思います ご自分の分かりやすいファイル名にしてください ファイルが保存されました では作業を進めていきましょう ズームツールを使って このファイルを拡大していくと 鉛筆を消しゴムで消した時の汚れですとか 少し手で摺ってしまった時の グレーになってしまった部分が いくつかありますので これを少しきれいにしておきたいと思います この鉛筆の線そのものもイラストの 作品の線として使うわけではないのですけれども トレース作業をする時に少しでも見やすいように 整えておきたいと思います メニューバーの「イメージ」から「色調補正」 そして「レベル補正」を開きます 入力レベルの下に三角形が3つあります まずは一番右の白色点を左の方にずらすと 白がもっと真っ白に近づいていきます 次は一番左側の黒点を右にずらすと 線の色が濃くなっていきます 後は中央のグレー点これを少し左にして この汚れた部分がすこし薄くなるように 調節をしていきましょう トレースの下絵としてこの鉛筆の線が 見やすい感じにできればオーケーです 手のひらツールをダブルクリックして 全体表示します このまま下絵として 利用してもかまいませんけれども この上に黒い線を重ねて 作業していくことを考えると もう少し下絵を薄めにしておいた方が 見やすく作業ができそうです ということでこの背景レイヤーの不透明度を 少し下げておきたいと思います レイヤーパネルの中で今1枚の背景レイヤーに なっているもの右側のロックを外します レイヤー0という名前に変わります ここで不透明度を変更していきます 右上の不透明度のスライダーを50から60程度 自分の見やすい不透明度に下げておきましょう このままですと少し見づらいので 一番下に真っ白いレイヤーを入れておきます 「新規レイヤーを作成」アイコンをクリックして 出来上がったレイヤー1を 一番下の方にずらしておきます そして描画色を白 ffffff にしてOKにします メニューバーの「編集」から「塗りつぶし」 塗りつぶしの内容を「描画色」 今 指定した色にしてOKをクリックします これで下絵の準備はできましたので 作業中に動かしたりしてしまわないように ロックしておきましょう まずはレイヤー0とレイヤー1を グループ化します Shift キーを押しながらレイヤー0と レイヤー1を両方クリックして選択をします 次にマウスで右クリックして「レイヤーからの グループ」を選択してください グループ名を「下絵」にしておきます OKをクリックします 下絵というグループができましたので これをロックしておきます 南京錠にアイコンをクリックして 動かないようにロックしました ではこの上に実際に線を描いていく 新規のレイヤーを1つ足しておきましょう レイヤーパネルの一番下にある 「新規レイヤー作成」アイコンをクリックします レイヤーができますので これをダブルクリックして 「主線」 主な線と書いて主線 こちらを名前として入れておきます この主線レイヤーにこの後 線を実際に描いていくことになります これで作画用ファイルの準備が完了しました 以上 鉛筆で書いたイラストの下書きをスキャンし Adobe Photoshop とペンタブレットを使って 清書するための 作画用ファイルの準備についてお話してきました

Photoshopでイラストを描こう!

非常に多機能なPhotoshopはイラスト制作でも強力なパワーを発揮します。このコースでは紙に描いたスケッチをPhotoshopに取り込み、描線を活かした画風で彩色したり、ペンタブレットを使って漫画風のアレンジで描くなど、いくつかのタッチでイラストを描く方法を紹介します。またIllustratorと連携して描線をベクターデータに変換する方法も解説します。

2時間39分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。