Photoshopでイラストを描こう!

スクリーントーン風の表現をする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Adobe Photoshopとペンタブレットを使って、ブラシツールでべた塗りしたイラストに、スクリーントーン風のカラーのドットを載せて華やかに表現する方について、学びます。
講師:
05:40

字幕

このレッスンでは Adobe Photoshop と ペンタブレットを使って ブラシツールでべた塗りしたイラストに スクリーントーン風のカラーのドットを載せて ポップアートのような感じに 華やかに表現する方法について学びます では早速 パターンの機能を使って ドットを作っていきましょう 今お見せしているファイルは ここまでの作業でできてきた イラストのファイルです 一番下に 下絵のレイヤーがありまして 鉛筆で書いた下絵のレイヤーがありまして その上に 背景色 肌色 髪の毛 ドレス アクセサリー 顔 そして一番上に ブラシツールで描いた 主線のレイヤーがあります 今からこの肌色のレイヤーの範囲 こちらをドットのパターンで塗りつぶして ポップアート風に仕上げてみましょう まず新規ファイルを作ります メニューバーの「ファイル」から「新規」 解像度を 今作業しているドキュメントと 合わせて 400dpi にしておきます そして 幅と高さを 20pixel にしておきます カンバスカラーは「透明」 このように設定できたら 「OK」をクリックして下さい 小さな正方形のドキュメントですので ズームツールを使って拡大をします 次に この楕円形ツールを選びます そして 塗りなんですけれども 赤を選びたいのですが ちょっと紅色っぽい赤を選択します このあたりはお好みでどうぞ 私は リキテンスタインの作品風にしたいので そのような色にしてみました では 楕円形ツールで Shift キーを押しながら 10ピクセル 直径 10 ピクセルの正円を描きます 移動ツールに持ち替えて左上に 10ピクセルの正円をきちんと揃えます 次に option キーを押しながら ドラッグすることで 複製をします そしてこのように サイコロの2のような形に 2つの正円を並べて下さい この状態をパターンとして登録します メニューバーの「編集」から 「パターンを定義」 そしてパターン名を 「ドット」とつけておきます 「OKを」クリックします 元々作業していたファイルの方に移動します 肌色のレイヤーにロックがかかっていますので 解除します そして キーボードの command キー もしくは Ctrl キーを押しながら この肌色のレイヤーのサムネイルを クリックすると 肌色レイヤーに色が付いているところだけが 選択範囲として作られます これを利用します 新規レイヤーを1つ作成します レイヤー2ができましたので ここも「ドット」という名前に しておきましょう この「ドット」レイヤーに対して 塗りつぶしをしていきます メニューバーの「編集」から「塗りつぶし」 利用する内容を「パターン」にします 「カスタムパターン」のところを クリックして 選択して 先程作ったドットのパターンを選択します 「OK」をクリックします このように肌色の部分が ドットで塗りつぶされました 次に ちょっとズームツールで拡大してみます このドットの下の部分を真っ白にしたいので この肌色のレイヤーの上に もう1つ新規レイヤーをいれて 今利用しているこちらの肌色のー 形の選択範囲に対して 描画色を白にして 塗りつぶしましょう 今度は 描画色で塗りつぶします そうしますと 元々あった肌色の上に 白いレイヤーが載って その上に ドットが載っている状態になります このように拡大をしてみると 何となくリキテンスタイン風な 雰囲気の イラストになったことがお分かり いただけるかと思います 選択範囲を解除しておきましょう メニューバーの「選択範囲」から 「選択を解除」です このドットの処理ですけれども 全てのパーツに対してやると ちょっとしつこいと思いますので いくつかのパーツに このドットの処理を施して 後はべた塗りの状態にしておくと バランスが良いかなと思います その辺りは 一度試してみて バランスが良いところで止めてみて下さい 以上 Adobe Photoshop と ペンタブレットを使って ブラシツールでべた塗りしたイラストに スクリーントーン風のカラーのドットを載せて 華やかに表現する方法について ご紹介してきました

Photoshopでイラストを描こう!

非常に多機能なPhotoshopはイラスト制作でも強力なパワーを発揮します。このコースでは紙に描いたスケッチをPhotoshopに取り込み、描線を活かした画風で彩色したり、ペンタブレットを使って漫画風のアレンジで描くなど、いくつかのタッチでイラストを描く方法を紹介します。またIllustratorと連携して描線をベクターデータに変換する方法も解説します。

2時間39分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。