Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

新規ドキュメントを作成しよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Illustrator CS6で新規ドキュメントを作成する手順を確認します。印刷物作成用の設定である「プリント」とWebサイト素材作成用の設定である「Web」の違いについても学びます。
講師:
04:51

字幕

では、Illustrator CS6 で新しいドキュメントを作成する方法をおさらいしていきます。Illustrator で何か書く時には必ず新規ドキュメントを作りますので迷わず素早く設定をしてドキュメント作成できるように慣れておきましょう。では、一緒に進めていきます。まず、私と皆さんの作業環境を同じにするために初期設定をリセットしていきましょう。画面右上にある「初期設定」のプルダウンメニューを開きます。下から三行目にある「初期設定をリセット」を選択してください。この様に、ワークスペースが変化しました。もしかして人によっては左側にある「ツール」パネルこのたくさんアイコンが入っている「ツール」パネルがこの様に、一行の表示になっている方がいるかもしてません。その場合には「ツール」パネル上部にある二つ三角形が連なっている小さなアイコンをクリックして二行表示に変更しましょう。ここまでできましたら新規ドキュメントを作成します。メニューバーの「ファイル」>「新規...」を選びます。「新規ドキュメント」作成のダイアログボックスが出てきました。ここで名前を入力します。今「名称未設定-2」になっている所を消して「図形練習」と入力をします。 二行目の「プロファイル」の部分こちらのプルダウンメニューを開きます。いくつか選択肢がありますけれどもよく使うのは上の二つです。「プリント」と Web です。ここでは「プリント」を選びます。簡単にプリントと Web の違いについて説明をしておきます。プリントは印刷物ですとか自宅やオフィスで使うプリントする時の設定のセットです。これを選ぶと、基本的には長さも「単位:ミリメートル」こちらですね、「ミリメートル」になります。そして、もう一つ「カラーモード」と呼ばれる色を決める方法がCMYK になります。もし、Web サイト用の素材を作りたい場合にはWeb を選択をします。その場合には長さの単位が「ピクセル」になること。それから「カラーモード」が RGB と呼ばれるモニタ用の設定になるということを頭に入れておいてください。ここでは「プリント」を選択します。基本的にはこのまま使うんですけれども一つだけ変更してほしい部分があります。この「方向」の部分アイコンが二つあります。左側が縦位置右側が横位置です。今回は横位置の方を選択します。これを変更すると「プロファイル」の部分が「カスタム」という風に変化してしまいますけれどもこれは気にしなくて結構です。 このまま宜しければ右下の OK ボタンをクリックします。上部に「図形練習」と入った新しいドキュメントが作成されました。さて、この新しいドキュメントの黒い実線で囲まれた白い部分こちらを「アートボード」と呼びます。図形を描画する時はこのアートボードの中に必ず入れていきます。この外側の濃いグレーの部分は「スクラッチエリア」と呼びます。ここに図形を置いておくこともできますけれどもここに置いてある図形は印刷することができません。印刷したい場合には必ずアートボード内に図形を描くということを覚えておいてください。さて、これで新しい Illustrator ドキュメントを作る基本的な方法を学びました。まず、「プリント」と Web の使い分けに注意をしていきながら何回か練習をしてみて下さい。

Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

このコースでは、Illustratorにある基本的な図形のテンプレートやツールを組み合わせてイラストを描いていく練習をします。このコースを視聴すれば、絵を仕上げながらIllustratorの基本的な操作が自然と身に付くでしょう。

2時間38分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。