Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

ブラシツールで草を描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラシパネルの中にあらかじめ用意されている「木炭」ブラシを使って、草原の草を描き込んでいきます。線の疎密や方向に変化を付けて、表情のある表現を狙います。
講師:
05:31

字幕

ここでは、「ブラシツール」を使ってイラストの中の草むらの表現を書き込んでいきます。書き込む密度や色の使い方で表情が変わっていきますのでご自分のセンスを生かして楽しく描いてみましょう。まず最初に、地面と空が準備されているサンプルファイルを開きます。メニューバーの「ファイル」>「開く...」ご自分のローカルのマシンの中にあるJP002-02-02こちらのフォルダの中にある「イラスト.ai」を開きます。空の部分と地面の部分が既に描き込まれています。ここに草を描き込むための新しいレイヤーを作っていきましょう。「レイヤー」パネルの下部にある小さなアイコンの内右から二つ目にある「新規レイヤーを作成」をクリックします。「レイヤー2」が’できますのでダブルクリックして名前を変更します。全角日本語で「草」と入力しましょう。Return 若しくは Enter で確定します。次に、草を描き込むための色を指定します。「ツール」パネル下部の「塗り」アイコン「塗り」アイコンをクリックして手前に出した状態で右下にある赤い斜線の「なし」をクリックします。次に、「線」のアイコンをダブルクリックして「C:45% Y:73%」と指定していきます。 この黄緑を使います。OK をクリックします。次に、使用するブラシを設定していきます。「ブラシ」パネルを開いて右上のプルダウンメニューから、下から二行目にある「ブラシライブラリ」を開くサブメニューの「アート」更にサブメニューの「アート木炭・鉛筆」を選択してください。上から五つ目にある「木炭」こちらをクリックして選択します。では、早速「ブラシツール」に持ち替えて描いていきましょう。「ツール」パネルの左列上から五つ目にある「ブラシツール」こちらを使います。下から上に向かって描いていきます。この木炭のタッチは描き終わったお尻の方が細くなっていますので下から上に向かって描いた方がより草らしい表情が出せます。所々長さを変えたり方向を少し変えたりして自然な雰囲気が出るように書き込んでいきます。地面の部分に万遍なく草を描いていきます。さて、草が一色だけたと少し平面的な感じに見えるのでもう一色足していきましょう。色を変更します。「線」アイコンをダブルクリックして「C:66% M:13%」「Y:94% K:1%」にします。まずはシアンから半角英数で「66」と入力してください。マゼンタは「13」イエローが「94」黒が「1%」ここまで指定できたらOK にします。 先ほどの色で描いた草の隙間に新しい色の草を足していきます。少し重なったり離れたりなるべく単調にならないように書き込んでいきます。全体にバランスよく描けたら一度ファイルを保存しておきましょう。メニューバーの「ファイル」>「保存」を選択します。この様に、「ブラシツール」を使うとデジタルデータの作品の中に個性と暖か味を加えることができます。是非、使いこなしてみてください。

Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

このコースでは、Illustratorにある基本的な図形のテンプレートやツールを組み合わせてイラストを描いていく練習をします。このコースを視聴すれば、絵を仕上げながらIllustratorの基本的な操作が自然と身に付くでしょう。

2時間38分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。