Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

楕円と長方形を組み合わせて茎と葉を描く

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
長方形と楕円を使って茎と葉を表現し、花のイラストを完成します。リフレクトツールを使った複製、option / altキーを使った複製、バウンディングボックスを使った拡大縮小もおさらいします。
講師:
08:01

字幕

ここでは、長方形と楕円形の組み合わせで花の茎と葉っぱを表現する練習をします。バウンディングボックスを使って図形を回転したり、拡大縮小する方法や描き終わった花をグループ化する方法についても学びますので基本動作をおさらいしてください。では、始めます。まず、最初に作業用のサンプルファイルを開きます。メニューバー「ファイル」>「開く...」お手元のマシンにあるJP002-02-04この中の「イラスト.ai」を開いてください。マーガレットの様な花の部分こちらが既に描き上がっています。「レイヤー」パネルに確認してみましょう。一番下に「空と地面」のレイヤー二番目に「草」のレイヤーそして、ロックが掛かっていない「花」のレイヤーこの様に入っています。それでは、茎と葉っぱを作るための深緑色を指定します。「塗り」アイコンをダブルクリックして「C:86% M:45%」「Y:92% K:52%」こちらを入れていきます。半角英数に指定してシアン「86」マゼンタ「45」イエロー「92」クロ「52」そして、OK を押します。線の方は使いませんので「線」アイコンをクリックして手前に出した後右下の赤い斜め線のボタン「なし」をクリックします。 さて次に、「長方形ツール」に持ち替えます。「ツール」パネル右列の上から四つ目を長押しして一行目の「長方形ツール」を選択します。そして、マーガレットの高さと同じぐらい細長い長方形を一つ描いてください。「選択ツール」に持ち替えます。この長方形を作業の邪魔にならないように少し右上の方に動かしておきます。次に、「楕円形ツール」に持ち替えます。今「長方形ツール」になっている部分を長押しして「楕円形ツール」にします。大体葉っぱになりそうだなと思う長細い長方形を一つ描きます。もう一度「選択ツール」に持ち替えましょう。楕円形の周りのバウンディングボックスの四隅のハンドルにマウスカーソルを重ねます。少し離した所でこの様に、回転できるマウスカーソルに変化しますのでこれを使って傾けます。茎の左側に置いてください。左側の葉っぱを複製して右側の葉っぱを作ります。「ツール」パネルの左列上から七つ目にあります。こちらを長押しして二行目に入っている「リフレクトツール」を選択してください。次に、「リフレクトツール」のアイコンそのものをダブルクリックします。ダイアログボックスが出てきます。垂直な軸に対してリフレクト反射ですね鏡に映ったように裏返しになるこの様な状態にしましょうという指示です。 元の図形を残して鏡に映った状ような態の図形を複製してもう一つを作るために「コピー」を押します。裏返した状態になった葉っぱができましたので「選択ツール」に持ち替えて位置を整えます。この茎と葉っぱをマーガレットの花とトッピングさせましょう。茎と葉っぱを囲むように選んで花びらの下の方に持っていきます。そして、それぞれの位置を整えます。茎が花びらより前に乗ってしまいますので茎を一番奥に動かす作業をしたいと思います。茎の長方形を「選択ツール」で選択した後メニューバーの「オブジェクト」>「重ね順」>「最背面へ」一番後ろに行ってねという指定をします。茎の長方形が花より後ろ側に入りました。さて、これで花が完成しましたのでもう崩れてしまわないようにいつもまとめて扱えるグループにしてしまいたいと思います。「選択ツール」でこの花全てを囲むように選びメニューバーの「オブジェクト」>「グループ」を選びます。こうすることによって次に花の何処か一部分を触ると全てグループとして選択されることが分かります。さて、この花が野原に対して大きすぎますのでバウンディングボックスを使って縮小していきましょう。四隅のハンドルにマウスカーソルをあわせた後キーボードの Shift を押しながら縮めていきます。 そして、適度な場所に置いていきましょう。次に、野原いっぱいに花が咲いているように花を複製して増やしていきたいと思います。「選択ツール」でこの花を選んでキーボードの OptionWindows の方はAlt を押します。マウスカーソルが白黒の二重の状態に変化します。そして、ドラッグをして放します。もう一度キーを押し直してマウスを放してキーボードを放します。これを繰り返して野原いっぱいに花が咲く様に増やしてください。更に、少し遠近感を出すためにそれぞれの花のサイズを変えてみても良いのでしょう。手前にある花は少し大き目に奥にある花は少し小さ目にこの様に、強弱をつけることによって遠近感のある雰囲気が出せます。さて、この作業を通じて図形の基本的な扱い方や複製、移動についてだんだん慣れて来たのではないでしょうか。もっと慣れてくると自然と手が動くようになってきます。たくさん練習してみてください。

Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

このコースでは、Illustratorにある基本的な図形のテンプレートやツールを組み合わせてイラストを描いていく練習をします。このコースを視聴すれば、絵を仕上げながらIllustratorの基本的な操作が自然と身に付くでしょう。

2時間38分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。