Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

楕円を組み合わせて雲を描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
楕円形を組み合わせて雲を描いた後に、パスファーンダー機能を使って合体させる方法を学びます。さらにレイヤーの重ね順を入れ替え、イラストを完成させます。
講師:
07:49

字幕

もくもくした雲の形ですが描くのは難しそうに感じるでしょうか。実は、楕円形を組み合わせてしまえばとても簡単です。更に、楕円同士を合体させて雲の形を確定するためにパスファインダーという機能も使ってみます。では、一緒に練習を始めましょう。まずはサンプルファイルを開きます。メニューバーの「ファイル」>「開く...」若しくはキーボードショートカットのCmmand+OWindows の方はCtrl+O を押してください。お手元のマシンにあるJP002-02-07こちらの中に入っている「イラスト.ai」を開きます。このサンプルファイルのレイヤーについてご説明します。「レイヤー」パネルを開いてください。下から順番に「空と地面」、「草」、「花」、「木」というレイヤーが入っています。こちらに作業用のレイヤーを追加します。「新規レイヤーを作成」アイコンをクリックして「レイヤー5」この字をダブルクリックします。一度消してしまって全角日本語で「雲」と入力して確定してください。次に、雲を描くための色を指定します。塗りは白、線はなしの状態にします。「塗り」アイコンをダブルクリックして「カラーピッカー」でCMYK 全てが「0%」になっていることを確認します。 次に、「線」アイコンこちらをシングルクリックして「なし」をクリックしておきます。次に、「楕円形ツール」に持ち替えます。「ツール」パネル右列上から四つ目こちらを長押しして「楕円形ツール」を選択します。雲の基になる楕円を描いてみましょう。大体このぐらいのサイズで楕円を一つ描いておきます。これを「選択ツール」を使って複製していきます。「選択ツール」に持ち替えます。キーボードの OptionWindows の方はAlt を押しながら楕円を引っ張ります。一度マウスを放してまた引っ張り直します。これを四回繰り返して楕円を五つに増やしてください。描いた楕円の場所を調整していい形の雲を作ります。さて、このままだと楕円が重なっているだけですのでこの様にずれてしまいます。グループ化してもいいのですけれどもここでは違う方法でこの楕円を合体させたいと思います。一度今動かしてしまった楕円を戻したいのでメニューバーの「編集」>「移動の取り消し」を選択します。今回はパスファインダーという機能を使います。メニューバーのウインドウから真ん中より下の方にある「パスファインダー」を選択します。「パスファインダー」のパネルが出てきました。 こちらを使います。「選択ツール」使ったまま今描いた楕円形五つを全て囲みます。「パスファインダー」の「形状モード」というセクションにある一番左側のアイコン「合体(Option+クリックで複合シェイプを作成し形状エリアに追加」と書いてあるアイコンをクリックします。何もない所を一度クリックして選択を解除しましょう。何か起こったか、確認してみます。この様に、雲の形をクリックするともう既にくっ付いてしまっています。五つの楕円が全て合体して雲の形として新しく縁取りされていることが分かります。さて、この雲を三つに増やしましょう。「選択ツール」で雲を選択しキーボードの Option若しくは Alt を押します。ドラッグしてマウスを放します。もう一度ドラッグしてマウスを放します。雲の大きさが三つ同じだと面白くないので少し変化をつけていきましょう。まず、真ん中の雲をクリックして選択します。右隅のハンドルを選択してShift を押しながら縦横比率をキープしたまま縮小します。次に、四隅のハンドルの少し離れた所この回転するマウスカーソルに変わった状態で上下逆にして見ましょう。この様にして、草毛の場所に移動させておきます。 右上の雲も回転しておきましょう。大きさも少し小さくしておきます。木の上に少し掛かった位置においておきます。この状態ですと雲が木よりも前に出ている状態で少しおかしいのでこれを修正したいと思います。「レイヤー」パネルを開いて見ます。「レイヤー」パネルの仕組みですけれども下から上に重なっているレイヤーは画面の方でいうと、奥から手前に重なっているという対応になっています。今、この雲のレイヤーは木のレイヤーよりも上、画面でいう所の前に出ています。この雲のレイヤーを木よりも後ろにしたいので「レイヤー」パネルの中で雲のレイヤーを選択してドラッグします。木のレイヤーの下まで引っ張ってきます。木のレイヤーと花のレイヤーの間が濃くて太い白い線になった時に手を放しましょう。この状態で順番が上から「木」「雲」「花」になっていれば正解です。画面の方を見てみましょう。木の後ろに雲が入りました。画面の中でも順序が入れ替わったことが分かります。さて、ここまでの作業でイラストが完成しました。一見描くのが難しそうな雲の形も楕円の組み合わせで描けることが分かりましたでしょうか。更に、パスファインダーでそれを確定する機能ももう理解できたことと思います。 色々な形を組み合わせてご自分オリジナルのイラストも描いて見てください。

Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

このコースでは、Illustratorにある基本的な図形のテンプレートやツールを組み合わせてイラストを描いていく練習をします。このコースを視聴すれば、絵を仕上げながらIllustratorの基本的な操作が自然と身に付くでしょう。

2時間38分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。