Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

Illustratorのパスの基礎を知ろう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Illustratorのドキュメント内で描かれる図形は、基本的に全て点と線でできている「骨組み」を持っています。この骨組みのことを「パス」と呼んでいます。このレッスンでは、「パス」とその構成要素である「アンカーポイント」「セグメント」「ハンドル」について、仕組みを見ていきます。
講師:
06:57

字幕

Illustrator のドキュメント内で描かれる図形は基本的に全て点と線でできている骨組みを持っています。その骨組みに「塗りの色は赤だよ」とか「線の太さは 3pt だよ」という指定をしていると考えてください。この骨組みのことをIllustrator の用語では「パス」と呼んでいます。Illustrator を使いこなすにはこのパスのことを知るのがとても大切ですので今から一緒に見て生きましょう。今、画面上にいくつか図形が描かれています。この内、左上のオレンジ色の四角形を見ていて見ましょう。パスを観察するために「ダイレクト選択ツール」で四角を選択します。今、この四角を縁取るパスちょっとブルーの細い線が見えてきました。見辛いので画面を拡大してみたいと思います。画面を拡大してみました。この四角形の四隅にブルーの小さな四角形点が付いていることが見えますでしょうか。この点のことを「アンカーポイント」と呼んでいます。アンカーポイントとアンカーポイント繋いでいるこの細い線の部分この部分を「セグメント」と呼んでいます。アンカーポイントとセグメントのことを総称して「パス」と呼んでいます。では次に、お隣の円を見てみましょう。 円を「ダイレクト選択ツール」で選んでみます。円は上下と左右に四つアンカーポイントを持っています。そして、アンカーポイントとアンカーポイント繋いでいるセグメントはこの場合、曲線になっています。この曲線がどの様に形作られているかというと「ダイレクト選択ツール」でアンカーポイント一つだけを選択してみると仕組みが見えてきます。アンカーポイントからひげの様なものが伸びています。このひげのことを「ハンドル」と呼びます。このハンドルの向きと長さこれでパスから伸びているセグメントの丸みですとか歪みの具合をコントロールしています。少し弄ってみましょう。ハンドルの頭の部分のこのぽちっとした部分これを「ダイレクト選択ツール」で摘んで伸ばしてみます。この伸ばす方向と強さによってセグメントの形が変わってくることが分かると思います。Illustrator で曲線を描くにはこのハンドルのコントロールがとても大切になっていきますので覚えておいてください。次に、お隣の角丸長方形を見てみたいと思います。角丸長方形は全部で八個のアンカーポイントを持っています。角の部分に二つずつアンカーポイントがあってこの二つのアンカーポイントの間は曲線そして、この辺の部分のセグメントに関しては直線二つの要素で構成されています。 この角のアンカーポイントを確認してみます。もう少し拡大してみましょう。アンカーポイントから少しだけハンドルが伸びていて少し丸々様にコントロールされていることが見えますでしょうか。では、元の拡大率に戻ります。画面がずれてしまいましたので「手のひらツール」をダブルクリックして全体表示に戻ります。次に、クローズパスとオープンパスという二つの用語について触れておきたいと思います。画面の上部の三つの図形はクローズパスです。これらは図形を描いているパスこのパスに切れ目がなく繋がっている状態になっています。閉じているので「クローズパス」と呼びます。それと反対なのが下にある二つの線です。こちらは始まりのアンカーポイントと終わりのアンカーポイントが別の場所にあります。この様に、閉じていないパスのことを「オープンパス」と呼んでいます。では、オープンパスのアンカーポイントとセグメントを見ていきましょう。また白い矢印の「ダイレクト選択ツール」に持ち替えてジグザグの線を見てみます。画面を拡大してみましょう。ジグザグの線の角になっている所にアンカーポイントがあります。そして、アンカーポイントとアンカーポイントの間のセグメントこれは直線になっています。 アンカーポイントを選んでもハンドルが出ていません。直線を描く時にはこのハンドルは使いません。では、この下にあるなみなみの線を見てみましょう。こちらのなみなみの線はそれぞれのアンカーポイントからこのハンドル、ひげの様なハンドルが出ていることが分かると思います。このハンドルを動かすと曲線の具合が変わってきます。では、画面を元の拡大率に戻します。「手のひらツール」をダブルクリックして全体表示にしましょう。如何でしょう。このレッスンではIllustrator の超重要ポイントであるパスの仕組みについて見て来ました。アンカーポイント、セグメント、ハンドルという用語とその役割についてしっかり覚えておいてください。

Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

このコースでは、Illustratorにある基本的な図形のテンプレートやツールを組み合わせてイラストを描いていく練習をします。このコースを視聴すれば、絵を仕上げながらIllustratorの基本的な操作が自然と身に付くでしょう。

2時間38分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。