Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

ドキュメントに手描きの下絵を配置してみよう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Illustratorのペンツールでイラストを描くための下絵を紙と鉛筆で描いておきます。それをスキャンした写真データを、Illustratorのドキュメント内に「テンプレート」として配置する方法を学びます。
講師:
02:09

字幕

Illustrator の「ペンツール」でイラストを描くにはいきなり何も見ないて描くよりも手描きなどの下絵を使った方がよりスムースに作業を進めることができます。ここでは、先に紙と鉛筆で手描きの下絵を描いておきそれをスキャンした写真データを準備してあります。そして、その写真データをIllustrator のドキュメントに貼り付ける方法を学びます。では、実際にやって見ましょう。メニューバーの「ファイル」>「配置」を選択します。お手元のマシンの中にあるJP002-03-03このフォルダの中にあるJP002-03.jpgこちらを選択します。選択した時に必ず「テンプレート」というチェックボックスにチェックを付けてください。こうすることによって下絵として配置することが可能になります。では、右下の「配置」ボタンをクリックします。手描きの下絵が配置されました。「レイヤー」パネルを開いて確認してみましょう。自動的に「テンプレート」のレイヤーができています。そして、貼り込んてある写真の名前JP002-03.jpg というのが名前が入っています。その上に、「レイヤー1」が自動的にきていますのでこのまま「レイヤー1」を使ってイラスト制作を進めることができます。 また、「テンプレート」のレイヤーには鍵が掛かっていますのでこの様に、写真を動かしてずらしてしまうことがありません。このレッスンでは写真データを Illustrator のドキュメントに下絵として配置する方法を学びました。イラスト制作ではよく使われる方法ですのでマスターして置いてください。

Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

このコースでは、Illustratorにある基本的な図形のテンプレートやツールを組み合わせてイラストを描いていく練習をします。このコースを視聴すれば、絵を仕上げながらIllustratorの基本的な操作が自然と身に付くでしょう。

2時間38分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。