Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

ライブペイントツールで着色しよう

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ペンツールでトレースしたパスを使って、ライブペイントツールで色を塗っていきます。このツールを使うと、パスで囲まれたエリアを、好きな色で素早く塗っていくことができます。
講師:
04:01

字幕

このレッスンでは「ペンツール」でトレースしたパスを使って「ライブペイントツール」で色を塗っていきます。このツールを使うとパスで囲まれたエリアを好きな色で素早く塗っていくことができます。とても便利なツールですので是非、活用しましょう。では、スタートです。まず、サンプルファイルを開きます。メニューバーの「ファイル」>「開く...」お手元のマシンにあるJP002-03-06こちらのフォルダの中にある「ペンツールイラスト.ai」こちらを開きます。このファイルの構成を説明します。「レイヤー」パネルを開いてみてください。一番下に「テンプレート」のレイヤーが入っています。そして、その一つ上に「レイヤー1」がありトレースされたパスがこちらに入っています。では、「ライブペイントツール」で着色していくためにまず、描かれたパスを全て選択します。「選択ツール」に持ち替えて全てのパスを囲むように選択をします。次に、「ライブペイントツール」を選びます。「ツール」パネルの左列下から六個目に「ライブペイントツール」があります。もし、見当たらない場合は長押しして上から二行目にある「ライブペイントツール」を選択しましょう。 次に、「スウォッチ」と呼ばれる予め色がたくさん入っているパネルから色を選びます。「スウォッチ」パネルはパネルアイコンの中の上から三つ目この六個四角が連なっているアイコンです。「スウォッチ」の中にライブラリがあってその中から、更に色を選択していきます。「スウォッチ」パネルの左下にある本が立て掛けてあるアイコンこちらのプルダウンメニューを開いて「スキントーン」を選択します。肌の色が様々に入っています。右下を摘んで上下に伸ばします。では、一番上の五つの色の内二番目辺りを選んでみましょう。そして、顔の部分で一度クリックします。次に頸の部分次に、向かって左側の耳をクリックしてみてください。これでまず、肌の色を塗ることができました。次に、髪の毛の色を塗っていきましょう。今度は「スウォッチ」のパネルの中に入っている上から三行目の右から四つ目こちらにある焦げ茶色を選択します。そして、髪の毛の中を一度クリックします。髪が焦げ茶色になりました。次に、服の色を塗っていきましょう。今度は、またスウォッチライブラリのメニューを開いて「フード」>「フルーツ」を選んでみます。果物に良く使われる色がこちらに入っています。 この中から黄色を選んでシャツのメインの部分に指定します。次に、黄緑を選んで頸の部分に指定してみます。一度「選択ツール」に持ち替えて何もない部分をクリックして選択を解除します。さて、ここまでの学習でパスで囲まれたエリアを素早く塗り潰す「ライブペイントツール」の使い方がお分かりになりましたでしょうか。「ペンツール」作成したパスはもちろんのこと「ブラシツール」や「鉛筆ツール」で描いたパスに対しても「ライブペイントツール」で着色することができますのでとても便利です。

Illustrator CS6でイラストを描いてみよう

このコースでは、Illustratorにある基本的な図形のテンプレートやツールを組み合わせてイラストを描いていく練習をします。このコースを視聴すれば、絵を仕上げながらIllustratorの基本的な操作が自然と身に付くでしょう。

2時間38分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月19日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。