MySQL入門

データを検索する(SELECT)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テーブルからデータを取り出すには「select」の構文を利用します。selectには、非常に複雑に条件を指定することができますが、ここでは最も基本的な構文を紹介しましょう。
講師:
05:09

字幕

続いて「データを検索する」として select という SQL の構文を紹介します 早速やってみましょう スタートページを開いて phpMyAdmin を起動し データベースを作成します ここでは mydb として 文字コードとしては utf8_general_ci を選びます 作成するボタンをクリックすると データベースが出来上がりますので ここにテーブルを作って行きましょう ここでは create table として item_table とします フィールドとしては id を int の primary key で auto_increment で設定し item_name として varchar の 500 を設定します 今回はこれだけのフィールドにしましょう 実行してテーブルが出来上がりますので ここにデータを挿入して行きましょう insert into item_table で set としまして item_name に「いちご」と入れます 続けて3件ほどデータを入れて行きましょう ここでは「りんご」 それから「みかん」 という形に入れます 実行するとこのようにデータが 入って行きますけれども この時これまでのレッスンでもここで 「表示」というタブをクリックして データの内容を確認していました しかし 当然ながらこのデータの一覧を 見るというのも SQL を発行して phpMyAdmin が表示してくれて いるわけです では このデータを表示するというのは どのように行ったらよいでしょうか 実際 SQL で確認してみましょう ここでは select と書いて * from です item_table とし where これは update や delete の SQL でも 利用できる構文です where の後 例えば id=1 などと しましょう こちらで実行すると このように1件目のいちごが取得できます では当然ながらこちらを2にすれば 今度は2番のりんごを取ることができます この select という構文は update や delete と同様に where 以降を省略できます この select の場合は where 以降 省略しても非常に安全なので 何回やって頂いても構いません こちら「実行」をクリックすれば このように 1 2 3 全ての件数を 取得できます そして select の後にここ * を 指定していますが この * は何を意味するかと言うと これをワイルドカードなどと言い 全てのフィールドという意味です 実はこの select という構文は 一般的な書式を記述すると こうなります フィールド名 フィールド名 そして from テーブル名 更に where の後に 条件が加わっていきます このような一般的な構文なんですが ここで例えばフィールド名として id と item_name などと指定できます そして item_table これは結果としては同じになります もしフィールドの数を絞り込みたい場合は このように例えば select item_name from item_table とすれば 1件のフィールドだけを取り出せます 例えば id などとすれば こちらも id だけを取り出すと いうこともできます そしてもし全てのフィールドを 取得したいという場合には このようにカンマで区切って全ての フィールドを指定することもできますが そのような場合にこのワイルドカードと いうものを使って * で指定することができるというわけです このようにすると簡単に 全てのフィールドを見ることができ 更に where 以降を省略すれば このように全てのデータを 見ることができるので 非常にこの select という SQL は 使う機会の多い SQL と言えるでしょう そしてこの SQL という構文は他にも 様々なオプションを 後ろに付けることができたり このフィールドの部分に様々な集計の 計算結果というのを入れることもできます 様々な活用法ができる SQL の構文なので この select の扱い方というのは是非 じっくり学習してみると良いでしょう

MySQL入門

このコースではPHPとMySQLというデータベースを組み合わせたWebシステムを構築する手法について解説します。「データベースとはなにか」を説明したのち、プライマリーキーやリレーションなどの重要な用語についても解説しながら実際にデータベースを動かしていきます。

3時間14分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2013年12月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。