Photoshopで画像合成を楽しもう!

サーモグラフィー風の画像

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真1枚を使ってサーモグラフィー風のイメージに変えていくユニークな合成を作る。レイヤーを重ねてブラシで書き加えたり、イメージを一転させるレイヤーを重ねて作る、選択範囲やマスクを使わずに簡単にできる合成。
講師:
08:20

字幕

写真1枚でできる ユニークな合成画像を 作ってみましょう 写真は1枚ですが レイヤーを重ねてブラシで描き加えたり イメージを一転させる レイヤーを重ねて作る 選択範囲やマスクを使わずに 簡単にできる合成です ここではこのような テレビの実験シーン等でよく目にする サーモグラフィー風の イメージに変えていきます 温度変化を赤外線で測定して色分けする事で 実像化するイメージです あくまでも サーモグラフィー風ですので 正確な温度を表すことはできません ちょっとしたお遊び画像加工の一例として お楽しみください サーモグラフィーは温度の低いところが黒で 温度の高い部分は赤で表示されます それ以外の部分は 虹のような色の変化で表現されます 実際にはありえませんが― この写真のクマのぬいぐるみが 生きているものと仮定して 顔や手の部分の体温が他の部分よりも 高いというイメージで加工をしていきます この写真を白黒化します 背景の写真を直接 白黒化してもいいのですが ここでは後からでも変更できるように 調整フィルターを追加します レイヤーパネルの下にある― 「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」 アイコンをクリックして― 「白黒」を選びます この時点で白黒のフィルターがかかります ここで元のカラー別に調整ができますが ここではプリセットから「赤外線」を選びます イエロー系 グリーン系の数値が高く その他のチャンネルは 低めに設定されているのが特徴です 「赤外線」ではなくても 他のフィルターでも構いません あまりコントラストが強くなりすぎない物を 選ぶことがポイントです 次に白黒を強調するための レイヤーを追加します 「新規レイヤーを作成」アイコンをクリックして― レイヤー名をここでは 「白黒強調」と入力します 描画モードを「ハードライト」に変更します 不透明度を 50 % に下げます ここにブラシで黒い部分と白い部分を 強調するためのペイントをしていきます 「描画色と背景色を初期設定に戻す」を クリックしてー 描画色を黒に背景色を白に設定します ブラシツールを選んでブラシの種類は 「ソフト円ブラシ」を選びます ブラシのサイズは 100 ピクセルに設定をします このブラシで温度が高いであろう部分を ドラッグして黒く塗ります ここではクマの顔と手を ドラッグして濃く塗りつぶしていきます 多少はみ出しても 後から修正ができるので― ラフに塗っていても構いません 不透明度が 50 %なので透けて見えます 今度は X キーを押して 描画色を白に設定します 今度は温度の低そうな部分を 白く塗り重ねていきます ここでは服の部分やその周りの黒い部分を ドラッグして白くしていきます 背景もラフに白く このように塗り重ねます 今度はサーモグラフィー用の グラデーションマップを追加します その前に描画色と背景色を設定しておきます 「描画色」をクリックして ここでは薄いピンク色に設定します 背景色は黒にしておきます サーモグラフィー用の グラデーションを作ります 「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」から 「グラデーションマップ」を選びます グラデーションマップパネルの 「グラデーション」の部分をクリックして 「グラデーションエディター」を表示させます ここでプリセットの一番左上の 描画色から背景色を選びます ピンクから黒に変わる グラデーションが表示されます このバーの左下にある ピンク色のマーカーをクリックして 位置が 10 %になるように設定をします その右側をクリックして 新たなマーカーを追加します 位置は 25 % に設定します 「カラー」をクリックして ここでは赤を選びます そのまた右隣をクリックしてマーカーを追加し マーカーの位置は 60 %に設定します カラーは黄色に変更します 更に右側をクリックして 位置は 70 % 色は黄緑にします 今度は 80 %の位置に 水色のマーカーを追加します さらに 90 %の位置に 青色のマーカーを追加します このグラデーションをプリセットに 追加しておくと 後から再利用できます グラデーション名に「サーモグラフィー」と 入力して 「新規グラデーション」をクリックすると プリセットの一番最後に追加されています 「OK」 をクリックして これでサーモグラフィー風の 画像が出来上がりました 更にブラシで白黒強調レイヤーの 細かいところを調整します このように実用的ではありませんが 1枚の写真からでも 複数の効果のレイヤーを追加すると まったく違ったイメージへと生まれ変わります ここでは クマのぬいぐるみを使いましたが 実際に生きているペットが 服を着用している写真を使うと よりリアルなサーモグラフィー風の イメージが作れると思います

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。