Photoshopで画像合成を楽しもう!

スコープを覗いたような画像

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
これで写真1枚あればできるユニークな合成。鳥の写真を使って、スコープを除いてターゲットを合わせたような画像を作る。
講師:
07:56

字幕

写真1枚あれば出来るユニークな合成です このような鳥の写真を使って スコープを覗いてターゲットを 合わせたような画像を作ります 写真を開きます ここでは写真の中央を意識して コピーしたものを貼り付けていくので 中央のガイドが見えるように 表示メニューから「表示・非表示」で 「スマートガイド」を有効にしておきましょう 鳥の上半分を丸く切り取っていきます 「楕円形ツール」を選んで Windows では Shift+Alt キーを押しながら Mac では Shift+Option キーを押しながら 鳥の首あたりから外側にドラッグして 中央から円形に選択します 鳥の頭よりも一回り広く選択します この選択範囲を Windowsでは Ctrl+C キーでコピーして Ctrl+V キーでペーストします Mac は Command+C キーでコピーして Command+V でペーストします 貼り付けたレイヤー名を 「被写体」と変更します 貼り付けた部分を拡大していきます この時の拡大方法を確認しておきましょう Windowsでは 編集メニューから「環境設定」を MacではPhotoshopメニューから 「環境設定」を選び 「一般」を選びます 画像補間方式で「バイキュービック自動」 が選ばれていれば OK です これにより拡大や縮小での画像の劣化を抑えて 自動的に最適な状態でリサイズができます 「移動ツール」を選びます Shift キーを押しながら バウンディングボックスの角のポイントを 外側にドラッグして 縦横比を保ちながら拡大していきます この時画像の上下よりも 一回り内側に収まる大きさにして 「確定ボタン」を押します 貼り付けたレイヤーを中央に配置します Shift キーを押しながら 上下のレイヤーを同時に選択して オプションバーの 「垂直方向中央揃え」をクリックして 「水平方向中央揃え」をクリックします これで中央に収まります 今度は「被写体」レイヤーを クリックして選択して 周りをフレームで囲んでいきます 「レイヤースタイルを追加」をクリックして 「境界線」を選びます サイズを 50 ピクセルにします 位置は「外側」を選びます 塗りつぶしタイプは 「グラデーション」を選びます 角度を − 45 度にします 「レイヤーに整列」のチェックを外し 画像を直接ドラッグして 枠のグラデーションを移動します ここでは右下の方向にドラッグをしていき 白っぽい枠が右下の この部分にかかる程度に配置します 「シャドウ(内側)」をクリックします 不透明度を 50 %に 角度を 135 度にします 距離は 30 ピクセルに変更して サイズを 20 ピクセルにします もう一つ「光彩(内側)」をクリックします 透明度は 75 %に カラーを白にします サイズは 160 ピクセルに設定して 「OK」をクリックします さらに ここの部分に光の反射を加えます 描画色を白に設定して 「楕円形ツール」を選びます オプションバーで「シェイプ」を選び Shift キーを押しながら短くドラッグして 小さい円を描きます 「楕円形1」レイヤーを選択して 属性パネルを開きます 開いていない場合はウインドウメニューから 「属性」を選びましょう ここでマスクのアイコンをクリックします 「ぼかし」の数値を 30 ピクセルに高めると このように円形がボケました 次にスコープ内の照準線を作ります レイヤーパネルの何も無いところを 一度クリックして選択を解除してから 「ラインツール」を選びます 描画色を黒に設定します 線の太さは 5 ピクセルに設定します Shift キーを押しながら スコープ内の左縁から右縁にかけて ドラッグして直線を描きます もう一度今度は上から下に Shift キーを 押しながら垂直な線を追加します 「シェイプ1」レイヤー内に 縦と横の線が追加されています 「パスコンポーネント選択ツール」を選びます 縦横の線をドラッグして同時に選択をします オプションバーの「パスの整列」で 「水平方向中央」を選択します もう一度パスの選択で 「垂直方向中央」を選びます これでラインが中央に揃いました 最後に被写体レイヤーを選択して 「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」から 「トーンカーブ」を選びます 「クリッピングマスクを有効にする」 ボタンをクリックして 左下から右上に伸びる直線の中央を 少しだけ上に上げて明るさを加えます スコープ内が明るくなって際立ちます これで写真1枚あれば出来る ユニークな合成の完成です ここでは鳥の写真を使って スコープを覗いてターゲットを 合わせたような画像を作りましたが 他の写真でも楽しめます なお画像の一部をコピーして拡大する場合は サイズが小さい画像や もともと画質の粗い画像は適しません できるだけ大きいサイズの 画質のきれいな画像を利用しましょう

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。