Photoshopで画像合成を楽しもう!

エッジをきれいに切り抜くための調整方法

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
いろいろなエッジに対応してキレイに切り抜くための選択範囲とレイヤーマスクの調整方法を解説。
講師:
07:11

字幕

形のはっきりしている被写体でも いざ切り抜こうとすると なかなか輪郭をずばっときれいに切り抜けない物です このレッスンではこのように できるだけきれいに切り抜くために 選択範囲を調整するための いろいろな手段について解説をします 始めから切リ抜くことを意識して 撮影していればとても楽なのですが ちょっと効果的にと思って撮影した 被写界深度の浅い写真などは 特にピントの合っている箇所が狭いため 輪郭がぼけて曖昧になってしまいます この写真からレンズを切り抜こうと思った時に 一見切り取りやすそうに見えますが 上下のエッジははっきりしているものの 右側のエッジは背景の色と似通っているので 境界が分かりずらかったり レンズの先の方はエッジが完全にぼけています まずクイック選択ツールでざっとドラッグして 選択していこうと思います 選択範囲が大きくはみ出してしまったところは Windows では Alt キーを Mac では Option キーを押しながら ドラッグして選択範囲を削除します 大まかに選択できたところで 選択範囲を確認すべく クイックマスクモードに切り替えてみましょう このように1部分はうまく選択しきれていません クイックマスクモードではブラシなどの ペイントツールを使って選択範囲の調整ができます ここではブラシを使って赤い半透明の塗りの部分― つまり選択範囲外の領域をペイントしたり 消したりしていきます 「ブラシツール」を選びます 「ハード円ブラシ」を選んで 直径は 100 に設定しておきます 「描画色と背景色を初期設定に戻す」をクリックして さらに「描画色と背景色を入れ替え」を クリックして描画色を白にします さらにブラシを滑らかにペイントするために ブラシパネルを開き 間隔を最小の1%に設定します シェイプの輪郭が滑らかになります この状態で赤い塗りがレンズの内側に 食い込んでいる部分を クリックやドラッグをして消していきます 輪郭からはみ出さないように気をつけて ペイントしていきます この時もし このようにはみ出してしまった時は X キーを押して描画色と背景色を入れ替えて Shift キーを押しながらクリックすると 直線的にこのようにペイントすることができます エッジがぼけている部分は厳密に塗らなくても 後で修正をするので極端にはみ出してなければ 大丈夫です おおよその修正が終わりましたら クイックマスクモードを解除して 選択範囲モードに戻します ここからレンズを切り取りたいので 選択マスクをレイヤーマスクに変換します レイヤーパネルの下にある 「マスクを追加」をクリックします 背景が透明になりました レンズのエッジを見ると 始めからくっきりしているところはもちろんのこと ぼけているはずのところもくっきり切り取られています これではいかにも切り取りました感が残るので ぼけているべき部分をソフトに処理をします レイヤーマスクをダブルクリックして 属性パネルの「マスクの境界線」を選びます レンズ周りを表示する方法を選択します 「表示」をクリックして ここでは黒に設定します エッジのぼけている部分やエッジが 選択しきれていない部分が白く浮き出ています この部分を調整していきます 背景の数値を少し高めて ここでは 2.5 に設定します 「八景を表示」にチェックを入れると エッジを検出する範囲が確認できます 滑らかにの数値を 25 に高めます エッジの凹凸を目立たなくします 今度は表示をオーバーレイに変更します 赤い半透明の塗りに変わります エッジとその外側の透明さを判断しやすくなります ブラシのサイズを 50 に設定して レンズの輪郭のぼけている部分を 一気に一度でドラッグします 程よく境界の周りがソフトに 選択されているのがわかります 「OK」をクリックします このようにぼけているところはソフトに それ以外のところはくっきりときれいに切り抜けました 背景に色を付けて確認してみましょう 「塗りつぶしまたは調整レイヤーの新規作成」をクリックして 「べた塗り」を選びます ここではオレンジ色を選んで 「OK」をクリックします 「ベタ塗り1」レイヤーを下にドラッグして 「レイヤー0」レイヤーと入れ替えます このようにエッジが滑らかに背景の色と馴染んで 重なっていることが分かります このレッスンではいろいろなエッジに対応して きれいに切り抜くための 選択範囲とレイヤーマスクの調整方法を紹介しました ひとつの物を切り抜くといってもエッジの状況は様々です 選択範囲を編集しやすいモードに切り替えて さらにはレイヤーマスクの境界を調整するなど 臨機応変に手段を切り替えて 効率よく切り抜きをしましょう

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。