Photoshopで画像合成を楽しもう!

色のバランスを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像をレイヤーに分けて、さらに色調補正のレイヤーをクリッピングすることで、色調や明るさの調整もレイヤーごとに調整し、自然に見える合成作品を作る。
講師:
04:10

字幕

合成をもっともらしく見せるには 合成する複数の写真の光が射す方向や それぞれの画像の明るさなどを適合します それに合わせて色調のバランスを整えることも大切です パープルに染まる空の画像の上に 摩天楼の画像を重ねています 摩天楼の空の部分をレイヤーマスクで透過しているため 下の空の画像が見えています さてこの二つの画像は別の場所で 別の時間帯に撮影された物を重ね合わせたものです ですからどこか違和感を感じると思います それは何かというと環境の光の色です 空の色に対して摩天楼のビルが 夕焼けの色に染まっていません さらに水面にも空の色が映り込むはずですが 鉛色のままです そこでこの摩天楼レイヤーを空の色に 染めていきたいと思います レイヤーパネルの下にある「塗りつぶしまたは 調整レイヤーを新規作成」をクリックして 「カラーバランス」を選びます 階調は中間調でシアン レッドを レッド寄りにドラッグして 21 に設定します マジェンダ グリーンを マジェンダ寄りにドラッグして -1 に設定します イエロー ブルーを ブルー寄りにドラッグしていき 35 に設定します ビルの色がかなり紫に染まりましたが 同時に空の色にも影響してしまい 空の色がどぎつくなってしまいました そこでカラーバランスの調整結果を 下の摩天楼レイヤーのみに適応するようにします 「カラーバランス1」レイヤーを右クリックして 「クリッピングマスクを作成」を選びます または属性パネルの「クリッピングマスクを作成」 ボタンをクリックしていいでしょう 空の色だけ元の色に戻ります このようにカラーバランスの調整を極端に行なっても 摩天楼レイヤーのみに影響します 同様の手順でトーンカーブ調整レイヤーも 追加してみましょう 「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」を クリックして「トーンカーブ」を選びます 左下から右上に伸びる直線の中間を 少しだけ上にドラッグして さらに右側を上にドラッグして ゆるい S 字型に変形します するとコントラストが高まりました やはり画像全体に影響してしまうので クリッピングマスクを作成します すると レイヤーの効果非表示を切り替えると 空以外の部分に効果がかかっていることが分かります このように このレッスンでは画像をレイヤーに分けて さらに色調補正のレイヤーをクリッピングすることで 色調や明るさの調整もレイヤー毎に調整が できるということを解説いたしました この方法で合成した複数の画像の色合い 明るさを合わせて 自然に見える合成作品を作りましょう

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。