Photoshopで画像合成を楽しもう!

背景の遠近感を調整する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
貼り付ける形や遠近感に合わせて変形をして、リアルに見せるポイントを解説。貼りつけっぱなしではなく、貼りつけた後の質感を適応させることも、リアルに見せるポイントの一つ。
講師:
06:01

字幕

このレッスンでは 貼り付ける形や 遠近感に合わせて変形をして リアルに見せる大切なポイントを解説します ここにデジタルカメラの 背面の写真がありますが この背面液晶に この富士山の写真をはめ込み画像として 貼り付けようと思います ここで問題なのは このカメラは遠近感によって 歪んでいるということです 真正面や真後ろから撮影した場合は カメラは長方形になりますが この写真は少し斜め右下から撮影したので カメラの右側 この手に持つほうが 少し広がっていて 反対の方がすぼんでいます 更に下の方が少し広がっていて上がすぼんでいます とりあえず富士山の画像を カメラの画像に貼り付けます 富士山の画像のレイヤーを右クリックして 「レイヤーを複製」を選びます 新規名称はここでは 「富士山」と入力しておきます 保存先のドキュメントは camera.jpg を選びます 「OK」をクリックします カメラ側の画像を開くと カメラの写真に「富士山」の レイヤーが追加されました 当然のことながら 「移動ツール」で富士山の画像を Shift キーを押しながら縮小しても 歪んだ液晶画面にはフィットしません 遠近感―いわゆるパースによる 形の歪みにあわせて画像とはめ込む場合には 画像の4つの角をそれぞれ 自由に変形していきます レイヤーの角を自由に変形させるには 「移動ツール」を選び Windows では Ctrl キーを押しながら Mac では Command キーを押しながら レイヤーを囲むバウンディングボックスの 角をドラッグして移動させます このように一つの角だけが移動します 右下の角をモニターの角に合わせて移動します 残りの角も同じようにモニターの 角に合わせていきます モニターよりも少し外側に配置するときれいに収まります 四つの角を合わせ終わったら Enter キーを押すか オプションバーの 確定するアイコンをクリックします 角がモニターの角に合いました でもまだ画面にただ 画像を貼り付けましたという わざとらしさが残っているので レイヤー効果でこれを解消します 「レイヤースタイルを追加」アイコンを クリックして 「シャドウ(内側)」を選びます シャドウの不透明度を 41 %に下げます 画面を直接ドラッグして内側の影の位置を調整します ここでは角度は 129 に 距離は7ピクセルに設定しています サイズは少し小さめに3ピクセルに設定しました これで「OK」をクリックします これで大分モニターに映っているような イメージになりましたが もう一手間加えてリアルに見せます Windows では Ctrl キーを押しながら Mac では Command キーを押しながら 富士山のレイヤーの サムネイルをクリックします 選択範囲ができあがります 次に「新規レイヤーを作成」をクリックして レイヤーを追加します レイヤー名を「映り込み」に変更します レイヤーの描画モードは 「ソフトライト」に変更します ここに薄い影を加えていきます 「描画色と背景色を初期設定に戻す」を クリックして 描画色を黒にします 「グラデーションツール」を選んで グラデーションのピッカーから 左上から右側に2番目の 「描画色から透明に」を選びます グラデーションのパターンは 「線形グラデーション」を選びます これでモニターの富士山の上を ごく短く 斜め左下にドラッグします 薄いグラデーションの 映り込みが追加されました ちょっと黒過ぎて違和感がある場合は レイヤーの不透明度を下げます ここでは 75 %に下げます Windows では Ctrl+D キーを Mac では Command+D キーを押して 選択範囲を解除して これではめ込み画像の完成です このレッスンでは貼り付ける形や 遠近感に合わせて変形をして リアルに見せるポイントを解説しました 合成をする時には 貼り付ける形を自由に変形することと 貼り付けたそのままではなく 貼り付けた後の質感を適応させることも リアルに見せるポイントの一つです

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。