Photoshopで画像合成を楽しもう!

立体的に見せる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーの画像を立体的に見せたり、質感を変化させる手軽な方法として、レイヤースタイルはとても便利。フィルターのような華々しく劇的な効果ではないが、あくまでも脇役の効果として、合成の効果として欠かせないものとなっている。
講師:
06:21

字幕

このレッスンでは Photoshop の レイヤー効果を使って 立体効果や質感などを調整してみましょう 写真一枚からでも出来る合成と言えるでしょう ここではこのように道路に描かれている 標識を円形に切り抜いて このような立体効果を加えていきます 「クイック選択ツール」で 標識の内側を ドラッグして選択しておきます この選択範囲を使って レイヤー効果を加えていきます その前にこの選択範囲を レイヤーマスクに変換します 「マスクを追加」をクリックすると レイヤーマスクが追加されました ここにレイヤー効果を加えていきます 「レイヤースタイルを追加」をクリックします 「べベルとエンボス」を選びます ここで立体効果を加えていきます べベルとエンボスの「スタイル」は内側です 「深さ」はここでは200%に変更します 「方向」は上 サイズは 60px に変更します 立体的になってきました 陰影の「角度」はここでは126° に変更します 「高度」を48に変更して 光がこの方向で射している ということになります さらにべベルとエンボスでは 「輪郭」を選ぶと 輪郭の形を自由に設定ができます 「輪郭」の横のボックスをクリックして マッピングでカーブを自由に調整して このような形にしてみました この形は保存しておくことができます 「新規」をクリックして 保存名に好きな名前を入力します ここでは「オリジナル」と入力しておきます 「 OK 」をクリックすると プリセットに追加されています 「 OK 」をクリックします さらに 「テクスチャ」を選択すると 質感を適用することができます 「パターン」の隣のボックスをクリックして ここでは「灰色の御影石」というものを 選択しています 「比率」は100%で 「深さ」を変更します -30に変更してみました また 着色することもできます 「グラデーションオーバーレイ」を クリックして 描画モードを「焼き込み (リニア) 」に 変更します グラデーションのボックスをクリックして グラデーションが表示されている 左下のマーカーをクリックします カラーをクリックして 好きな色に変更することができます ここでは水色を選んでおきます OKをクリックします このように陰影はそのままで グラデーションがかかっています さらに立体感を出すのであれば ドロップシャドウが有効です 「ドロップシャドウ」をクリックして ここでは「不透明度」を50%に変更します 「サイズ」を50px にして このように薄い影が 下にかかっている状態を作ってみました レイヤー効果を一通り加え終わったら 「 OK 」をクリックします レイヤー効果のいいところは 確定したらそれ切りではなく 再編集が出来るということです 標識を切り抜いたレイヤーには 「効果」という項目が追加されていて その下には先ほど設定した 効果名が並んでいます それぞれの効果の左側にある 目の形をしたアイコンをクリックすると その効果だけを無効にできます もう一度クリックすると有効になります 効果名の表示されていない部分を ダブルクリックすると 再びレイヤースタイルが開き 再調整をすることが出来ます ここで再調整を繰り返しても 画像を劣化させる心配はありません 効果を消せばまたすぐ元の画像に戻せます またユニークなのはレイヤーパネルの 「塗り」というものがあり ここの数値を下げていくと レイヤー効果はそのまま残り レイヤーの画像だけが透けていきます ただしレイヤースタイル全体の効果を一括して 濃度を下げるということは出来ないので その場合はレイヤースタイルの各効果ごと 「不透明度」の数値を下げて 濃度を下げていきます 勿論ですが 移動ツールで移動させたとしても レイヤー効果ごとついていきます このレッスンではレイヤーの 画像を立体的に見せたり 質感を変化させる手軽な 方法としてレイヤー効果 レイヤースタイルはとても便利なものだ ということを解説しました フィルターのような華々しく 劇的な効果ではありませんが あくまでも脇役の効果として 合成の効果として 欠かせないものとなっています

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。