Photoshopで画像合成を楽しもう!

テキストの立体効果

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真1枚あれば、テキストとレイヤースタイルとクリッピングマスクでできる手軽な合成の手法を解説。
講師:
04:49

字幕

写真とテキストとレイヤースタイル そして クリッピングマスクを使って 立体的な効果のロゴを作ってみましょう ここではこのような紅葉の写真に 縦書きのテキストを入力して レイヤーに透明感のある立体効果を加えて 漆塗りのようなロゴに仕上げます 写真を開き 「背景」をレイヤーに変換します 写真は開いたままでは 透過の情報を持っていないので レイヤーに変換する事によって さまざまな編集を加えられます ロックアイコンをクリックして レイヤーに変換します 次に 「縦書き文字ツール」を選びます オプションバーで 「ヒラギノ角ゴ StdN W8」という フォントを選んでいます フォントのサイズは 140 に 設定しています テキストの「中央揃え」を選び 画像の中央をクリックして ここでは「里の秋」と入力していきます もちろんお好きな文字で構いません 確定ボタンをクリックします テキストレイヤーのサムネイルを Windows では Ctrl キーを押しながら Mac では Command キーを押しながら クリックして選択範囲を作ります さらに この選択範囲からマスクを作成します レイヤーパネルの下にある 「レイヤーマスクを追加」をクリックします このレイヤーマスクを ダブルクリックすると開く― 「属性パネル」で 「マスクの境界線」を選びます 表示は「オーバーレイ」に設定しています ここではテキストの輪郭を 滑らかにする設定をしていきます 「滑らかに」の数値を 最大の 100 に設定します 更に「コントラスト」は 50% に 高めてくっきりさせます 「 OK 」 をクリックします 次にレイヤー効果を加えていきます 「レイヤースタイルを追加」をクリックして 「ベベルとエンボス」を選びます ここで 立体的な効果を加えていきますが スタイルは「ベベル内側 」 「深さ」は 95% に変更します 「方向」は上へ サイズは 18 px ソフトは 4 px に設定をしました 陰影の角度はここでは 127° に 「包括光源を使用」にチェックを入れて 「高度」を 64 ° に変更します かなり立体的になってきました 光が上の方から射しているという イメージになります ハイライトのモードの描画モードは 「スクリーン」に 不透明度は 100% にします ツヤがでてきました シャドウのモードを 70% に上げます 更に輪郭をクリックして― 一番左上の形を選択します ボックスをクリックしてマッピングで 輪郭の形を調整していきます ここでは このような形にしてみました 「 OK 」をクリックします 範囲の数値を調整する事で 立体感を変えることができます ここでは 90% に設定しました 「 OK 」をクリックします 輪郭のはっきりとした立体感と ツヤのあるロゴができました このロゴの中に写真を入れ込んでいきます 「レイヤー0」 レイヤーを 一番上にドラッグして順を入れ替えます 「レイヤー0」を右クリックして 「クリッピングマスクを作成」を選びます これで完成です このレッスンでは このような写真1枚あれば テキストとレイヤースタイルと クリッピングマスクでできる 手軽な合成の手法を解説しました 好きな写真と好きな文字で試してみましょう

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。