Photoshopで画像合成を楽しもう!

グラスに水滴をつける

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
冷えたドリンクが注がれたグラスに吸い付く水滴を作る。この方法はほかにもキンキンに冷えたビールジョッキや、結露したまどがらすの演出にも応用することができる。
講師:
06:53

字幕

食べ物のシズル感―つまりおいしそうに見せる テクニックは色々あります 視覚的にその食べ物をおいしそうに見せるには 色鮮やかさ 盛り付けなどもポイントですが 料理の温度を強調するという方法も有効です このレッスンでは 冷たいドリンクが注がれたー グラスに付く水滴を演出してみましょう 水滴の表示 非表示を切り替えてみると 水滴があるとないとでは 温度の感覚も違ってきます もちろんグラスの写真一つでできる合成です 水滴は Photoshop でゼロから作っていきます 水滴を作るレイヤーを追加します レイヤーパネルの下の 「新規レイヤーを作成」をクリックします レイヤー名をここでは「水滴」に変更します このレイヤーに水滴を付けていきます 「描画色と背景色を初期設定に戻す」を クリックして 描画色をわかりやすく ここでは黒に設定しました 「ブラシツール」を選びます ブラシプリセットピッカーで 「ハード円ブラシ」を選びます サイズを 40 ピクセルに設定します 不透明度は 100 %にします ブラシパネルを開き― 「ブラシの先端のシェイプ」を開きます 間隔を ここでは127 %に設定しています 「シェイプ」をクリックしてサイズの ジッターを 100 %に設定します コントロールは「フェード」を選びます 最小の直径を 73 %に設定します 次に「散布」をクリックします ここでは散布の数値を 500 %に設定しています これでブラシでグラスの部分をドラッグすると 黒いまだらな点が描けます グラスからはみ出しても大丈夫です 但しあまりたくさん 付けすぎないように気をつけましょう この点描をレイヤースタイル効果で 水滴に変えていきます 「水滴」レイヤーの右側をダブルクリックして レイヤースタイル効果で 水滴の効果を作っていきます まず「ベベルとエンボス」をクリックします スタイルは「ベベル(内側)」 深さを 750 %にします 方向は「上へ」 サイズは 10 ピクセルにします ソフトは3ピクセルに設定します 陰影の角度を -127 度に設定をします 「包括光源を使用」にチェックを入れて 高度は 59 度にします 「ハイライトのモード」の描画モードを 「スクリーン」にして 不透明度は 100 %に設定します シャドウのモードは「乗算」で 不透明度は 20 %にします 更に「光彩(内側)」をクリックします 描画モードは「乗算」にします 不透明度は 27 %に カラーをクリックして ここでは液体の色よりも 少し薄めの色を選択します ここでは薄いピンク色を設定しました 「 OK 」をクリックします 液体の艶と影の状態を確認したら 「OK」をクリックします 水滴に色が付いているので透明にします レイヤーパネルの塗りの数値を0%にします 水滴が透明になり レイヤースタイル効果だけが表示されています この水滴を伸ばしていきます 「指先ツール」を選んで― ブラシの種類は「ソフト円ブラシ」を選びます ブラシのサイズを 44 ピクセルに設定します オプションバーで強さを 100 %にします 「合成データからコピーデータをサンプル」と 「描画色を使ってフィンガーペイント」を 無効の状態にしておきます これで水滴をドラッグすると ススっと伸びていきます 隣の水滴にくっつけながら伸ばすと まさに指で水滴を伸ばしているかのような 面白い感覚になります 全ての水滴を伸ばす必要はありませんが おおよそ このように水滴に変化が加わったら 次はブラシの強さを 50 %に下げて 今度は下から上にドラッグすると ススっと先が細くなります まるで重力によって垂れてきたかのような 効果になります ここでもしグラスの外側に はみ出した水滴がある場合は 消しゴムツールでドラッグして消します これで完成です このレッスンではグラスに吸い付く水滴を ブラシやレイヤースタイルを使って作りました このような水滴を作る方法は他にも キンキンに冷えたビールジョッキや 結露した窓ガラスの演出にも 応用することができます

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。