Photoshopで画像合成を楽しもう!

水滴に写り込ませる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の一部分をコピー&ペーストしたものを新しい画像として合成して、さまざまな効果を加えることで、あり得ないけれどもリアルなイメージを作る。
講師:
07:49

字幕

Photoshop のフィルターや レイヤースタイル効果を使うと 写真1枚だけとは思えないような 合成作品が出来上がります このレッスンでは風景が空に浮かぶ水滴― または水晶球に映しだされているかのような イメージを作ります ここでは梅の写真を使います 「楕円形選択ツール」を選んで Windows では Shift+Alt キーを押しながら Mac では Shift+Option キーを押しながら 花の中央から外側にドラッグして 円形で選択をします 選択範囲をコピー&ペーストします Windows では Ctrl+C キーを押して 更に Ctrl+V キーを押してペーストをします Mac では Command+C キーを押してコピーをして 更に command+V キーでペーストをします 追加されたレイヤー名をダブルクリックして ここでは「花」に変更します 「花」フィルターをレンズ状に 膨らませていきます フィルターメニューから「レンズ補正」を選びます 「カスタム」をクリックして 「歪曲収差」の「ゆがみを補正」の スライダーを左にドラッグしていきます するとどんどん膨らんでいきます ここでは -50 に設定します 変形の下にある「拡大・縮小」のスライダーを 左にドラッグします どんどん縮小していきます ここでは 70 %に設定しました 「OK」をクリックします 今度はこの球の中の花の内部に 光の反射や影を加えて立体的に見せます その前に「描画色と背景色を初期設定に 戻す」をクリックして 更に右側の「描画色と背景色を 入れ替え」をクリックして 描画色を白に 背景色を黒に設定しておきます 「花」レイヤーの右側をダブルクリックして レイヤースタイルの調整画面を開きます 「シャドウ(内側)」をクリックして選択します 描画モードは「乗算」に カラーのボックスをクリックして スポイト型のカーソルで 空の色の薄い部分をクリックします これよりも更に薄い色の部分を選択をします 「OK」をクリックします 不透明度を 100 %に高めます 角度を -127 度に設定します 「包括光源を使用」にチェックを入れて 距離を 14 ピクセル チョークを 31 % サイズを 35 ピクセルに設定をします 水晶球の中の陰影を作りました 次に「光彩(内側)」をクリックします ここではエレメントのソースをエッジに サイズを 62 ピクセルにします これで水晶球の中の縁周りの 明るい部分を作りました 更に「グラデーションオーバーレイ」を選択します 描画モードを「オーバーレイ」に変更します 不透明度を 100 %に設定して グラデーションのボックスをクリックして ここでは「描画色から透明に」を選びます 「OK」をクリックします スタイルを「円形」に変更します この状態で画像を直接ドラッグして 水晶球の右上に光が当たるように配置をします 「OK」をクリックします これで水晶球の内部の光と影の部分を レイヤースタイルで表現しました 更に水晶球の中にもう一回り 光の輪を加えて立体感を出します 「新規レイヤーを作成」をクリックして レイヤーを追加します レイヤー名を「光輪」にします Windows では Ctrl キーを押しながら Mac では Command キーを押しながら 「花」レイヤーのチャンネルをクリックして 選択範囲を作ります 選択範囲メニューから 「選択範囲を変更」の「縮小」を選びます 縮小量を 50 ピクセルにして 「OK」をクリックします 選択範囲が内側に縮小します 次に編集メニューから 「境界線を描く」を選びます 幅を 30 ピクセルにして カラーを白に 位置は「中央」を選びます 「OK」をクリックします Windows では Ctrl+D キーを Mac では Command+D キーで 選択範囲を解除します フィルターメニューから 「ぼかし」の「ぼかしガウス」を選びます ここで半径を 16 ピクセルに設定して 「OK」をクリックします 光の輪がぼけました レイヤーの描画モードを 「ソフトライト」に変更します 更にレイヤーの不透明度を 80 %に落とします これで水晶球ができました 仕上げは背景をぼかしてソフトにします 「背景」をクリックして選択して フィルターメニューから「ぼかしギャラリー」の 「フィールドぼかし」を選びます ぼかしの量を 20 ピクセルにして 「OK」をクリックします 背景がぼけました 最後に背景を少し明るくして 水晶球を印象付けます 「塗りつぶしまたは調整レイヤーを 新規作成」から「トーンカーブ」を選びます ここでカーブの中央を上にドラッグして 明るくして これで完成です このレッスンでは画像の一部分を コピー&ペーストしたものを 新しい画像として合成して 様々な効果を加えることで ありえないけれども リアルなイメージを作りました 花など色鮮やかな写真を使って このような透明感を演出した 作品を作ってみて下さい

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。