Photoshopで画像合成を楽しもう!

パンに焼き印を押す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真からオリジナル焼き印を作って、パンに押すところまでを解説。オリジナルの焼き印イメージは、パン以外ににも、カップやお皿、またはスタンプのように写真にペタンと押して楽しめる。
講師:
08:51

字幕

このレッスンでは写真から オリジナルの焼印を作って このようにパンに押すところまでを解説します 私はパン作りが趣味なので パン屋さんのようにオリジナルの焼印を押した パンを作りたいというのが夢なのですが 本物の焼印をオーダーすると 結構いいお値段になってしまう為 未だに手に入れることができません そこで自分で焼いたパンに 写真の焼印を押して 合成をして楽しんでいます オリジナルの焼印のイメージは パン以外にもカップやお皿 又はスタンプのように 写真にペタンと押して楽しめます まず焼印にしたい写真を開きます ここでは時計台の写真を使いたいと思います 円形の焼印を作るので縦長の写真のカンバスを 正方形になるように幅を広げていきます 「描画色と背景色を初期設定に戻す」 アイコンをクリックして 背景色を白にします イメージメニューから 「カンバスサイズ」で ここで幅を高さと同じー 数値になるように設定していきます 単位を「 pixel」 に変更します 長辺が「高さ」の 1600 ピクセルなので 「幅」もそれに合わせて 1600 と変更します 「OK」をクリックします 正方形のカンバスになり 追加された部分が白く塗りつぶされています 次にこの画像を白黒の線画に変換します フィルターメニューから「スケッチ」の 「スタンプ」を選びます 全体が表示されるように Windows では Ctrl+0(ゼロ) Mac では Command+0(ゼロ)を押します ここで明るさと暗さのバランスを8に 滑らかさを1に設定しています 「OK」をクリックします 不要な線を消していきます 「消しゴムツール」選んで 時計台の横の部分の黒い線を ドラッグして消します 次に円形の枠を描きます 「楕円形ツール」を選んで オプションバーでは「シェイプ」を選びます 塗りはなしを選びます 線は黒を選択しておきます 幅は 10 ポイント にします 「移動ツール」を選んで 円形を囲むバウンディングボックスの角を Shift キーを押しながら大きさを調整し ドラッグして位置を調整します ここではあえて屋根の部分が とび出すように配置しています 「確定ボタン」をクリックします ここで一旦「楕円形1」レイヤーを 非表示にします 「背景」を選択して 「クィック選択ツール」を選びます これで屋根の先端の部分だけを ドラッグして選択をします 選択範囲メニューから「選択範囲を反転」を選びます 「楕円形1」レイヤーを表示させて選択をして 「レイヤーマスクを追加」をクリックすると この部分の線が削除されています 今度は円形の外側を削除していきます Windows では Ctrl キーを押しながら Mac では Command キーを押しながら 「楕円形1」レイヤーの レイヤーサムネールをクリックします 円形の選択範囲ができます この選択範囲を反転させます 選択範囲メニューから 「選択範囲を反転」を選びます 「消しゴムツール」を選んで 「背景」を選択します 時計台の下のはみ出した部分を ドラッグして消していきます これで焼印が出来上がりました レイヤーを右クリックして「画像を統合」を選びます 選択範囲メニューから 「選択を解除」を選びます この焼印の黒い部分をコピーしていきます 「自動選択ツール」を選び 「隣接ピクセルのみをサンプル」は 無効にしておきます 許容値は 32 に設定をして 黒い部分をクリックします 黒い部分だけが選択されている状態です これをコピーしてパンの画像に 貼り付けていきます Windows では Ctrl+C キーを Mac では Command+C キーを押します パンの写真を開きます ここに焼印をペーストしていきます 編集メニューから 「ペースト」を選びます 焼印が追加されました このレイヤー名を「焼印」に変更します 貼り付けた焼印は大きいので 「移動ツール」を選んで 焼印を囲むバウンディングボックスの角を Shift キーを押しながら 内側にドラッグして縮小し 焼印をドラッグして位置を調整していきます この部分に焼印を重ねて 少し上下を縮めると 自然な遠近感になります 更にバウンディングボックスの外側を 少しドラッグして回転させると アクセントが変わります 「確定のボタン」をクリックします 焼印にレイヤースタイルで 立体的な効果を加えていきます レイヤーの右側をダブルクリックして レイヤースタイルの「ベベルとエンボス」を クリックします 方向は「下へ」を選択します 「カラーオーバーレイ」をクリックします ここで色をつけていきます カラーのボックスをクリックして ここでは茶色に変更します 少し濃い目の焦げ茶色に設定をして「OK」をクリックします 「テクスチャ」をクリックして 質感を加えていきます パターンの右側の 三角形ボタンをクリックして ここでは 「灰色のみかげ石」という パターンを選択します もう一度「ベベルとエンボス」に戻り シャドウの不透明度を0%に下げます 「OK」をクリックして適用します これで焼印を押し終わりました ここで仕上げとして レイヤーマスクを追加して 黒いブラシで― 数箇所をクリックやドラッグをして 少し消していくと よりリアルに仕上がります これで完成です このレッスンでは写真から オリジナルの焼印を作って パンに押すところまでを解説しました このように焼印があると ちょっとオシャレな印象になります 焼印はスタンプとしても利用ができるので 一つ作っておいて オリジナルのスタンプとしても利用しましょう

Photoshopで画像合成を楽しもう!

Photoshopを使えば、合成の詳しい知識がなくても順を追って操作をするだけでパノラマ写真やHDR合成など本格的な合成作品を作ることができます。このコースではいろいろな写真や手法を使ってPhotoshopで合成作品を作っていきます。合成をよりリアルに見せるポイントや、さまざまなフィルターやレイヤーを使った合成の仕方についても詳しく解説します。

4時間31分 (47 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。