MySQL入門

その他の便利なSQL(DISTINCT BETWEEN IN LIMIT)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
SQLには、非常に多くの命令や便利な書き方があります。少しずつ覚えることで、効率よくデータを管理したり、より素早くデータを検索することができるようになります。
講師:
06:39

字幕

ここではその他の便利な SQL としまして この講座を通じて紹介していきたい― SQL 以外で便利な SQL を チップス的に紹介していきたいと思います ではここでは こちら mydb というデータベースに genre_master という ジャンルを管理するテーブル それから item_log という アイテムの購入の履歴というものを log 化したもの それから item_table という商品の情報を 記録したテーブル という3つのテーブルを 準備しています もしまだデータベースなどを 準備していないということでしたら こちら「データベース」のタブから mydb というデータベースを作り 照合順序で utf8_general_ci を選びます そして作成した後 こちら mydb にインポート そして「ファイルを選択」から こちら lesson_03_14 という SQL ファイルを準備していますので こちらをインポートしてご利用下さい では例えばここでは まず この item_log という テーブルを使っていきましょう select * from item_log とします するとここでは このように item_id というのが でてくるわけなのですけど ここで見えることとしては このテーブルで 1 3 2 という商品が 売れていることがわかります 今 私たちの目で見て この2番のデータが何回もでてきているので これは重複している ということがわかるのですが これを SQL で表すには どうしたら良いでしょうか それには この distinct という構文を使います ここに item_id というふうに 付けてあげることで 重複を除いて表示する という命令になり 1 3 2 というのが 重複なしで表示されます この distinct というのは 重複を除く という SQL なので 覚えておくと良いでしょう 続いて今度は item_table を 使っていきます item_table の SQL で このような SQL があります select * from item_table そして where として price が100円よりも上で 同じく price が 200円よりも下 の商品を表示したいとしましょう 「実行」すると このように 100円台の商品を出すことができますが この時 この price というフィールド名が 2回登場してしまうのが効率が悪い― ということであれば ここでは このような構文を使うことができます まず price と書きまして ここに between と書きます そして 100 と書き and 200 というふうに記述しましょう これで「実行」すると 実行結果は同じになります この SQL は 100 から 200 の間で price を絞り込むという意味になります どちらの書き方も結果は同じなので 見やすいほうで採用すると良いでしょう 続いてちょっと where を変更していきます 例えば id が1番の商品 または id が3番の商品 または id が5番の商品 というのを ひっかけたい場合があるかもしれません こちら 1 3 5 という形で ひっかけることができるんですが このように同じフィールドに対して 複数の選択肢がある場合は この or で繋げる代わりに id in という書き方ができます そして 1, 3, 5 という書き方をすれば これも同じように 1 3 5 というのを絞り込むことができます これが in という項目です 続いてですけれど 例えばこちら もう1度 item_log のほうを 見ていきましょう こちら select * from item_log としましょう 「実行」すると このように 何件かの情報が表示されるわけなんですけど これが数千件 数万件 というデータになっていきます その時に毎回全件を表示するのは 非常に大変なので 絞り込んでいくわけなのですけど その絞り込みの条件を設定するのも大変 という時であれば こちら limit という句を使うと便利でしょう この limit の所に 数字を指定して実行すると このように5件に絞って 表示することができます また この limit を カンマで区切って表示してあげると ちょっと今この状態ですと わかりにくいのですけど この id を見ると わかるかと思いまます 6 7 8 9 10 とでていて 前の 1 2 3 4 5 が 跳ばされています これは5件目から5件を表示する という意味です 例えば こちらの数字をかえてみましょう こちらの場合 今度は 5件目から3件表示する という意味で このように limit という句を使えば 読み飛ばしたり それから件数を制限したり といったことができます このように SQL には 様々な句や 様々な書き方などがあり 効率よく SQL を書いたり 素早く検索結果を表示したり というようなことができます SQL の組み立て方1つで 検索結果の精度や速度に差が出たりするので この SQL を組み立てるという作業は 意外と頭を使う作業になります とはいえ SQL をいろいろ組み立てて データを様々に加工するのは 非常に楽しいことなので 是非 SQL の文法を1つ1つ覚えて データベースを自在に操作できるように なってみて下さい

MySQL入門

このコースではPHPとMySQLというデータベースを組み合わせたWebシステムを構築する手法について解説します。「データベースとはなにか」を説明したのち、プライマリーキーやリレーションなどの重要な用語についても解説しながら実際にデータベースを動かしていきます。

3時間14分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2013年12月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。