Photoshop テキストエフェクト

テキストをアレンジしよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字を入力し、シェイプレイヤーに変換してから書体をアレンジする方法を学びます。
講師:
05:53

字幕

このレッスンでは 文字を入力し シェイプレイヤーに変換してから 書体をアレンジする方法を学びます このサンプルのようにCATSの「A」のところの 窓が猫になっていますね これを作ってみましょう まずは完成しているレイヤー 「CATS copy」を非表示にします 真っ暗になりました 左側の「ツールパレット」から こちら 「横書き文字ツール」をクリックし キャンバス上で このようにクリック 「CATS」という文字を打ってください 文字が小さい場合 一番上のオプションバー ここから 文字のサイズを変更することができます 数字の入力も可能なので 先ほどのように 「500 pt」にしておきましょう 書体が今は「Myriad Pro Bold」を 選択していますが こちらの書体がない場合は 太くてシンプルなものであればOKです これで文字の入力ができました 確定をしたいときは 「Command+Enter」 Windowsだと「Ctrl+Enter」を 押しながら押せば確定ができます または「ツールパレット」の 他のツールを選択することでも このように確定させることができます そうしたら 入力した文字を 真ん中に合わせましょう 一番上のメニュー 「選択範囲」から 「すべてを選択」 これをクリックし キャンバス上 全部選択した上で オプションバーのこちら 「水平方向中央揃え」 そして「垂直方向中央揃え」をクリックします そうすることで 真ん中になります 選択範囲は不要ですので 並べ終わったら 「選択範囲を解除」 「Command+D」ですね Windowsの場合は「Ctrl+D」 こちらを押しておきましょう これでCATSの文字が入力できました 次に 猫のレイヤーを作りましょう 猫のレイヤーは こちら 「長方形ツール」を長押しすると出てくる 「カスタムシェイプツール」 これをクリックします はじめて作業される場合は このような動物のシェイプはないはずですね 「シェイプを初期化」 このような見た目になっていると思います この歯車のボタンを押し 「動物」 そうすると 「現在のシェイプを動物のシェイプで 置き換えますか?」と出てくるので 「OK」ではなく 「追加」のボタンを押すことで 下に動物のシェイプを 追加させることができます 猫をクリックし キャンバス上をドラッグしましょう このように 猫のシェイプを 作ることができました こちらを「移動ツール」で「A」のところの 中窓に重なる形にしましょう サイズが違う場合 大きすぎたり 小さかったりした場合は 「編集」の「自由変形」 もしくは 「Ctrl+T」 Macだったら「Command+T」 これを使うことで 「バウンディングボックス」が表示され サイズを変更することができます 「Shift」を押しながらすれば 比率を保ったまま サイズを変えられるので便利ですね こちらでサイズが決まった場合は 「Enter」キーを押します この状態で次は「ツールパレット」の こちら 「パス選択ツール」これをクリックします 長押ししてできた 下の方ですね このように猫が選択されるので メニューの「編集」「カット」 慣れている方は ショートカットキーを使いましょう そうすると猫のレイヤーがなくなりました 今 クリップボードの中に入っているんですね この状態にしておきます 「CATS」 このレイヤーを シェイプレイヤーに変換し この中窓を削除して 今コピーしている猫のやつに 差し替えるという作業を行います 「CATS」のレイヤーを右クリックし こちら 「シェイプに変換」をクリックします 見た目が変わり パスになりました 文字の変更は もうできません この状況で この「A」の中の三角を選択します 選択ができたら「Delete」キーを 押していきましょう これで中に何もなくなりました そうしたら「編集」の「ペースト」 これで猫のレイヤーを貼り付けます 今は白で切り抜かれていませんね この後ろの「A」を一緒に選択し このように選択していきます 複数のパスを選択するときは 「Shift」を押しながら この頂点のポイントをクリックしていくと 一緒に選択できるようになります その状況で一番上のオプションバーから こちら 「シェイプが重なる領域を中マド」 これをクリックすると中が切り抜かれ このように猫のレイヤーと 「CATS」と作ったシェイプレイヤーが 一体となったものができあがります 非常に簡単ですね 打った文字を調整したい場合や 長さを変えたり編集したい場合は シェイプレイヤーに変換し このような作業を行いましょう この授業では テキストをシェイプレイヤーに変換し アレンジする方法を学びました

Photoshop テキストエフェクト

Photoshopは写真のレタッチがメインのソフトですが、表現豊かなタイポグラフィを作るのにもとても役立ちます。このレッスンでは34個ものテキストエフェクトの機能をひとつひとつ解説していきます。Photoshopの基本的な使い方がわからなくても、レッスンを見て真似してみるだけでおしゃれなエフェクトが作れます。

3時間36分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年04月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。