Photoshop テキストエフェクト

ブレンドモードでさまざまなエフェクトをみる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーの演算を活用して手軽にできるエフェクトを学習します。
講師:
02:58

字幕

このレッスンではレイヤーの演算を活用して 手軽にできるエフェクトを学習します このような形で 文字の上に タンポポのレイヤーが重なっていて 重なっているところだけ白くなるように 表示させてみましょう 非常に簡単ですけれども 見た目もお洒落にできる便利なエフェクトです レイヤーグループ「Group 3 copy」を 非表示にし 「begin」レイヤーグループを表示させます 展開すると一番後ろの背景のレイヤー そして文字の載っているレイヤー そして一番上に タンポポのレイヤーになっています この「Layer 3」 タンポポのレイヤーの演算を変えていくことで 色々な見た目を試し ちょうどいいエフェクトを調べてみましょう 非常にシンプルです まず「Layer 3」を選択し 「Shift」を押しながら 「マイナス」ボタンを押していきます 今は「輝度」に変わりましたね ここに注目していてください もう一回 「Shift+マイナス」 「カラー」 「彩度」 「色相」 「除算」 このように色々見ていきます 「減算」 うん 「除外」 これが一番よさそうですね このエフェクトを使うことにしましょう そうしたら こちらの白と黒を 反転させたいと思います まずレイヤーを選択した上で レイヤーパネルの一番下の 「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」 これをクリックして 「階調の反転」 これを選択します そうすると このように レイヤーに 「階調の反転」という レイヤーが追加されました これで白くできましたね さらに完成したものの場合は これを色は好きに変えられるようにも なっています こんな形ですね 全体に「カラーオーバーレイ」を かけているんですね ダブルクリックすることで 後から色が変えられるというのが便利です これもやってみましょう まず この「begin」レイヤー これをダブルクリックして レイヤースタイルを追加します 「カラーオーバーレイ」をチェックし 「描画モード」を 「スクリーン」に変更してください そのあとで この右側の色を変えるところで お好きな色に変更すれば完成です いかがでしたでしょうか このレッスンでは乗算などの レイヤーの機能を使い レイヤースタイルで色を変える学習をしました

Photoshop テキストエフェクト

Photoshopは写真のレタッチがメインのソフトですが、表現豊かなタイポグラフィを作るのにもとても役立ちます。このレッスンでは34個ものテキストエフェクトの機能をひとつひとつ解説していきます。Photoshopの基本的な使い方がわからなくても、レッスンを見て真似してみるだけでおしゃれなエフェクトが作れます。

3時間36分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年04月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。