Photoshop テキストエフェクト

ワープテキストでロゴを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ワープテキストを自分でカスタマイズして思い通りの曲線を作りましょう。
講師:
05:57

字幕

このレッスンではワープテキストを 自分でカスタマイズする方法を学びます 完成図がこのようになっています ワープテキストなんですが 少し自分でカスタマイズして より曲線を美しくしています ではやってみましょう 「begin」のレイヤーを表示します 2つ「Summer」と「time」の テキストレイヤーがありますね こちらをまず2つ選択し 右クリックして 「スマートオブジェクトに変換」をします これで1つのレイヤーになりました この状態で「編集」 それから「変形」「ワープ」 を選択します 一番上に「ワープ」という 「オプションバー」のメニューが開きます まずはこちらで「アーチ」などして 自分のちょうど良いカーブの具合を 調整していきます そうですね これは なしで大丈夫そうですね「0」 そうしたら「カスタム」を選択し ここでやさしくカーブをかけていきます なるべくこう「e」の方が ちょっと上がって 「m」のあたりで一番カーブしている ようにしたいので 優しく優しく調整していきましょう この「m」のあたりですね このようにドラッグすることで 簡単に調整ができますので 非常に簡単に思い通りの カーブを描くことができます ポイントは優しく ほんのちょっとの調整で済ますと きれいに見えると思います ワープを確定したい場合は 他のツールをクリックすると 「ファイルを配置しますか?」など出ますので 「配置」ボタンを押せば このように確定されます 後は少しアレンジを加えていきましょう アセットの中に 「Illustrator」のファイルが入っています 「pattern.ai」というものです 「Illustrator」で開いた方がきれいですが 「Photoshop」でも開くことが可能です これをこのままコピーして こちらの元のドキュメントに 貼り付けましょう 「OK」を押します 貼り付けたときにサイズが同じに なるように設定しておきます 「ドキュメントのサイズ」をチェックして ドキュメントのサイズを調整していきましょう このようなサイズになりました ちょうど このように 文字にかかるようになっていますね OKです こちらを この「Summer」のレイヤーに クリッピングマスクをかけていきます 「Option+Command+G」 Windowsの場合は 「Alt+Ctrl+G」ですね この状況でも まあいいのですが よく見るとですね まっすぐになっているので できることならば この文字のカーブに合わせたいと思います 先ほどと同様に「編集」の「変形」 「ワープ」にて 少しカーブを与えていきましょう 「アーチ」の「20」から微調整をしていくと 初めてでも調整しやすい例題になっています そうですね ここの「アーチ」の「20」 「S」のところはもう少し下に ですね そしてここの ここも ちょっと「m」のところで斜め始まっていますが できればこんな感じで 「e」こっちは上がって こっちから下がり初めて という風にしたいですね 「time」に関しても同様に 全体のバランスを見ながら 調整していきます 優しく優しく こうですかね こうすると「time」も調整できます こんな感じに調整しました 確定したいときには 他のツールをクリックすれば 「適用」というダイアログを クリックすればOKです これで基本的なカーブを 作ることができました そうしたら この「Summer」のレイヤー にエフェクトを付けていきます ダブルクリックして「レイヤースタイル」 「境界線」を追加していきましょう 「位置」は「外側」にして 少し太めにしておきます このぐらいでしょうかね 「ドロップシャドウ」も くっつけておきましょう 濃いめにして そしてちょっとオフセットにした感じ がいいですね うん こんな感じでしょうか そして ポイントはこのストライプ があるんですが この内側に 少しですね 光がぽわーって ぼかしをかけるようにすることで 印象的にしていきたいと思います 黄色の部分をチョイスして 「OK」をかけて で 少し「不透明度」を「通常」の強めにして 増やすと 見えますか 見やすいように拡大して 調整をしていきましょう 境界線の内側 このようにサイズを調整することで 内側は線のそのままですが 外側に関してはこのように 少し黄色のふわふわが 残るようにしておきます あとはこちらの「通常」 今 色が「通常」になっていますが このストライプところ 「乗算」に変えておきましょう これで完成です 色が重なって パスタみたいな かわいいストライプになりましたね お疲れ様でした このレッスンでは 自分でワープをカスタマイズし 美しい線 曲線を描く方法を学習しました

Photoshop テキストエフェクト

Photoshopは写真のレタッチがメインのソフトですが、表現豊かなタイポグラフィを作るのにもとても役立ちます。このレッスンでは34個ものテキストエフェクトの機能をひとつひとつ解説していきます。Photoshopの基本的な使い方がわからなくても、レッスンを見て真似してみるだけでおしゃれなエフェクトが作れます。

3時間36分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年04月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。