Photoshop テキストエフェクト

かすれた印刷を再現する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷がかすれたような表現はブラシを工夫することで簡単に作成することができます。
講師:
04:26

字幕

このレッスンでは かすれた印刷のような表現をすることを 学びます ブラシを工夫することで 簡単に作成できます さっそくやってみましょう こちら こんな形で ほんの少しかすれていますね もっと調整していきます まずは 「begin」レイヤーを表示させ 「Layer 3」 木のレイヤーですね また 文字のレイヤーがあります そして こちらを調整していきましょう まず 「GOOD」のところを選択し 簡単にで良いので 選択範囲を作ります もうちょっと ぎざぎざした方が良いかもしれないですね ブラシを作るためなので ざっくりで構いません こんな感じでしょうか 選択範囲が作れました そうしたら 非表示にし この「木のレイヤー」を複製します 選択範囲が作られた状態で レイヤーを複製すると その部分のみが このようにコピーされます そうしたら こちらの右下の「2階調化」 これで そうですね このように この部分だけがでるように 調整していきます ちょっと 周りのものが でてきてしまっていますね 「background」は非表示にして こちら選択したものだけが 表示されるようにしてから 調整していきましょう こんな感じでしょうか そうしたら これをラスタライズしていきます 「レイヤー 1」と「2階調化」を 2つとも選択して 「Command+E」 Windowsの場合は「Ctrl+E」で 統合し 白い部分のみを選択していきます 「ツールパレット」から 「自動選択ツール」を選び 白い部分をクリック このとき 「隣接」にチェックが 入っていないことを確認してください そうしたら 白い部分をデリートします このとき「許容値」をちょっと 少なめにしておいた方が綺麗ですね 「3」ぐらいでしょうか こんな感じで こちらを選択し すべて 今こちらですね 「選択範囲」-「すべてを選択」で 選択しました そうして 「ブラシ」として登録します 「木目」 これで ブラシの登録ができました こちらのレイヤーはもう不要ですので 非表示にし こちらと「background」は 表示させます そうしたら こちら 「Vector Smart Object」にマスクを作成し 「ブラシ」をクリック 先ほど作成したブラシを選択します あとは こちら 塗りを黒にして サイズを調整しながら 塗っていきます 最初は薄めが良いですね 具合がわからないので もしかしたら いっぱい色がついてしまうかもしれない こんな感じで このようにしていくと どんどんかすれた印象を つくることができます あとは このようにブラシで塗っていくだけです 非常に簡単ですね はい そして最後の調整として こちらの 「Vector Smart Obejct」の レイヤーをダブルクリックし 内側のシャドウ 「シャドウ(内側)」ですね こちらで少し影ができるように 調整していきましょう ない時よりも よりリアルな質感になっていきます 「OK」ボタンを押せば こちらで完成です このレッスンでは ブラシを作成し それでマスクをかけて 塗りつぶしていくことで このようなかすれた表現を作る レッスンを行いました

Photoshop テキストエフェクト

Photoshopは写真のレタッチがメインのソフトですが、表現豊かなタイポグラフィを作るのにもとても役立ちます。このレッスンでは34個ものテキストエフェクトの機能をひとつひとつ解説していきます。Photoshopの基本的な使い方がわからなくても、レッスンを見て真似してみるだけでおしゃれなエフェクトが作れます。

3時間36分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年04月20日
再生時間:3時間36分 (34 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。