HTML5手習い

bashのカスタマイズ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ターミナル上での作業を楽にするためのbashrcの設定方法について説明します。
講師:
03:57

字幕

このレッスンではターミナル環境での 作業を快適にするために bash の設定ファイルを配置します 作業に入る前にアセットから bash_profile というファイルと bashrc というファイルを ホームディレクトリに コピーしておいてください こちらの2つのファイルが ホームディレクトリに 配置されていれば大丈夫です 同じことをコマンドラインでも 確認してみましょう ディレクトリの中にあるファイルを リスト表示するには ls コマンドを使えば 大丈夫でした ls Enter すると bash_profile というファイルと bashrc というファイルの 2つがディレクトリの中に 配置されています ファイルの中身も確認しておきましょう cat bash_profile ファイルの中身を表示するには cat コマンドです bashrc の中身も表示してみましょう cat bashrc 中身はこのような感じになっています この中身の詳細については 理解されなくても大丈夫です コマンドラインのプロンプト― この部分のことです それからリスト表示されるファイルなどに 色付けするための設定や その他の便利な設定が施してあります bash に設定ファイルを認識させるためには ファイル名を変更する必要があります 現在は bash_profile それから bashrc というファイルになっていますが このファイル名の先頭に . (ドット)を 付加しましょう ファイル名の変更は mv コマンドです bash_profile を― 「.bash_profile」 それから― bashrc を 「.bashrc」 に変更します すると このように2つのファイルが 見えなくなりました ファインダーから見ても2つのファイルが 無くなったように見えます このようにファイル名が . (ドット)から 始まっているファイルは 不可視ファイルと呼ばれ 普通にコマンドを打っただけでは 見ることはできません この場合は ls に -a という オプションを付けて実行することで 不可視ファイルも含めて すべてのファイルが閲覧できます bash はこのように ホームディレクトリにある . bash_profile というファイルを 設定ファイルとして認識します .bashrc は ドットパス bash_profile から読み込まれています それでは 設定が完了したはずなので ターミナルを終了して 再度起動してみましょう ターミナルを終了するには exit コマンドです そして再度起動します すると 先ほどと違って このように― ターミナルのプロンプトの部分に 色付けがされています また ls コマンドを実行してみると このようにディレクトリ名に 色付けがされています それから ディレクトリの後ろに / (スラッシュ)が ついているのもわかります ファイル名の後ろについている / (スラッシュ)は そのファイルが ディレクトリであることを示しています これで bash の設定ができました このレッスンでは ターミナル環境での 作業を快適にするために bash の設定ファイルを配置しました

HTML5手習い

このコースではHTML5 APIを中心に、HTML5でのプログラミングについて学びます。HTTPや文字コード、バイナリデータやアニメーションの原理など実際のアプリケーション開発で必要となる基本的な知識を学びます。HTML5 Canvasを中心として、Web APIとの通信やWebフォントなどWebプログラミングで必要な技術を習得します。

6時間01分 (44 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年04月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。