HTML5手習い

vimの導入

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
本コースでソースコードの編集に使用する、ターミナル環境で使用できるテキストエディタのひとつであるvimの使用方法について説明します。このレッスンでは、vimの起動・終了方法テキスト編集の方法について学びます。
講師:
06:19

字幕

このレッスンでは ターミナル環境で使用できる テキストエディタの1つである Vim の操作方法をご紹介します 作業に入る前にアセットから long.html というファイルと vimrc というファイルを ホームフォルダに コピーしておいてください こちらの2つのファイルです ファイルの準備が完了したら ターミナルを開いてください Vim とはターミナル環境で 使用することのできる テキストエディタのひとつです ターミナル環境で使用することのできる テキストエディタには Vim 以外にも Emacs など 無数の選択肢があります しかしながら Vim は多くの環境で デフォルトの状態で使用可能なこと 軽量であること 非常に拡張性が高いことなどから 多くのプログラマーに愛好されています 本コースでは ソースコードの編集を Vim を用いて行っていきます ソースコードの編集自体は どのようなテキストエディタで 行っていただいても構いません もし Vim を使用されない方は このレッスンは飛ばしていただいても結構です それでは Vim を起動してみましょう 作業に入る前に Vim の設定を 行っておきましょう 先程アセットからコピーしておいた vimrc というファイルの ファイル名を変更します mv vimrc . vimrc このようにファイル名の先頭に .(ドット)を付けることで ファイルが不可視ファイルになります Vim はホームフォルダにある この . vimrc というファイルを 設定ファイルとして認識します ls で確認してみましょう 不可視ファイルも見たいので -a オプションをつけます ls -a すると 設定ファイルとして vimrc が 置かれていることが分かります それではファイルを開いてみましょう vim そして 編集するファイルを指定します long.html ファイルを 編集してみましょう するとこのようにソースコードが 色付けされて表示されます 色付けされているのは 設定ファイルを配置したためです 皆さんが見やすいように 編集中の行に アンダーラインが 表示されるようにしてみました アンダーラインの行が 現在編集中の行です Vim の最大の特徴として コマンドモードと挿入モードという 2つのモードがあることが挙げられます Vim を起動した状態では コマンドモードで起動します カーソルの移動は 通常このモードで行います それ以外にも様々なコマンドを 実行したりすることができます ファイルに文字を挿入するには 挿入モードに変更する必要があります カーソル位置で「 i 」を押すことで その位置で挿入モードに突入します このモードで キーボードで文字を入力する事で そのカーソルの位置に 好きな文字を入力することができます それでは 試してみましょう 今はモードが コマンドモードになっています ここで i キーを押すと― このようにターミナルの下部に INSERT という文字が表示されました これは現在 Vim が 挿入モードであることを示しています 挿入モードで このようにキーをタイプすれば 好きな文字をこの位置に 入力することが可能です 挿入モードで Esc を押せば このように挿入モードが解除されて コマンドモードに戻りました Vim を最初に使われた方が よく困るのが― エディタの終了方法が 分からないというものです Vim の終了はコマンドモードで :q と入力します 終了してみましょう この状態で :(コロン)を押すと この下部に「 : 」が表示されました そして「 q 」を押して実行してみます 終了が拒否されました これは編集中の作業があるためです 編集中の作業を破棄して 終了したい場合には 「 q 」 の後に「 ! 」を入力して Enter を押します すると 編集中の作業が破棄されて 強制的に終了されました 再度ファイルを開きましょう Vim での編集中に一時的に ターミナルに戻ることができると便利です 一時的にターミナルに戻りたい場合には Ctrl + Z を押しましょう すると ターミナルが表示されます この状態では Vim は バックグラウンドで動作しています バックグラウンドから フォアグラウンドに戻したい場合には fg コマンドを使用します fg と押して Enter すると Vim に戻ってきました Ctrl + Z を押して fg で戻る これで何度もターミナルと Vim の間を 簡単に行き来する事が可能です このレッスンでは ターミナル環境のテキストエディタである Vim の設定と起動方法 終了方法をご説明しました

HTML5手習い

このコースではHTML5 APIを中心に、HTML5でのプログラミングについて学びます。HTTPや文字コード、バイナリデータやアニメーションの原理など実際のアプリケーション開発で必要となる基本的な知識を学びます。HTML5 Canvasを中心として、Web APIとの通信やWebフォントなどWebプログラミングで必要な技術を習得します。

6時間01分 (44 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年04月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。