WebクリエイターのためのGit入門

ブランチを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブランチは、作業履歴を分けて管理するための仕組みです。このレッスンでは、ブランチの作り方を紹介します。
講師:
05:42

字幕

えー ここではGitの ブランチと言う物について学んで行きます えー Gitではこの様に えー ファイルの変更や えー 追加を えー 履歴に追加して行くことができますが このv1.0と言うタグが付いた時点で webサーバーにリリースされているとして 既に新しい開発が始まっていたとしましょう この時webサーバーにリリースされている この状態に 間違い等が見つかって 変更しなければならないとした場合 この 一個の えー 履歴だけでは 一度このv1.0の状態まで 戻して行かなければいけなくなります その場合ここから先の変更と言うのは 一度無効にした状態で もう一度 作業を行って行かなければならない等 非常に面倒になってしまいます えー そこでGitでは ブランチと言う機能で この えー v1.0からの えー もう一つの歴史と言う物を作り始める と言うことが できるようになっています では 実際にやって行きましょう ここでは えー 一度この えー リリースがされた時点 と言うところまで えー コミットの履歴を 戻しました ここから作業を開始して行きます では この時 えー 新しい開発を始めるに当たって 新しいブランチを作成してみましょう ブランチは ツールバーの この部分にボタンがあります クリックをすると 新しいブランチを 作成するウィンドウが表示されるので ここにブランチ名と言うのを入れて行きます ブランチ名は見分けがつけば なんでも構いませんが ここではfeatureと入れて行きましょう えー そしてどこからでも ブランチを作ることができるんですが 作業コピーの親 というのを選択すれば 一番最近のものから えー ブランチを作ることができます では ブランチを作成ボタンをクリックします えー これで えー 今masterと言うブランチと featureと言うブランチが出来上がりました 実際に見てみましょう 左側の一覧にブランチと言う物があり 表示と言うメニューがあるので これをクリックします masterと言うのは えー リポジトリを作った時点で 最初から準備される 標準のブランチです 普段私たちはこのmaster と言うブランチで作業をしているんですが この featureと言うブランチが 太字になっていることで 今は このfeatureと言うブランチに 居ることがわかります では このfeatureというブランチで 作業を行ってみましょう エディタ上から 新しいファイルを作って行きます 例えばここでは 新しいフォルダを一つ作成して さらにこのフォルダの中に 新しいファイルを追加したとします ここでは内容は空で構いませんので 例えば new.css と言ったファイル名で保存してみてください SourceTreeを見て行って 作業コピーの方を見て行きますと この様に えー new.cssが 追加されていることがわかります それではチェックマークを付けて indexにステージングをして コミットからコミットをして行きます 例えばここでは えー new.cssを 追加 等と言うメッセージで コミットをしましょう ここで またコミットログを見てみます するとこの様にnew.cssが 追加されているんですが その左側に表示されているのは featureと言うアイコンだけです これは 今このfeatureブランチと言う物に new.cssが追加された と言う事がわかります masterブランチの方は 製品一覧を作成した時点でまだ このログは止まっていると言う状態です では 例えばこの時 今リリースされている webサイトの方に 変更が加わったとしたらどうするか えー このログを  えー 戻すと言う事はしなくて結構です こちらのブランチの方から このmasterと言うのを選んで 右クリックをして masterをチェックアウト と言うメニューを選びます またはマウスでダブルクリックをしても ブランチを切り替える事ができます masterにブランチを切り替えると 先ほどまであったnew.cssと言うファイルは 無くなっている事がわかります では例えばここでindex.htmlに 変更が加わったとします ここでは内容を えー ブランチを練習しています と言う内容に変更して保存しましょう sourceTreeで 作業コピーからindex.htmlを ステージングして コミットから えー 例えば index.htmlを変更と 言った形でメッセージを書き換えます こちらもコミットしましょう そして またログに戻ってみます えー すると今度は えー masterと言うブランチで index.htmlが 変更されたと言う履歴が残りますが この時 このfeature と言う えー 履歴 については色が変わりました そして左側のグラフ と言う所でも枝分かれをしている事が判ります これが えー 今ブランチが分れて 歴史が二つに分れ出した という事がわかると言う事になります えー このレッスンでは この ブランチと言う物を使って えー 歴史を二つに分ける という作業を行いました

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。