WebクリエイターのためのGit入門

クローンをして、プロジェクトに参加する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
すでにプッシュがされているリモートリポジトリに、他のチームメンバーは「クローン」をして参加します。このレッスンでは、クローンの方法を紹介しましょう。
講師:
03:04

字幕

このレッスンではチームで Gitの開発に参加をする クローンという作業について紹介します リモートリポジトリを作成すると複数の人数で 1つのGitに対して 作業を行うことが できるようになります 例えば複数のマシーンがあれば それで練習をしても構いませんが ここでは 今ここで作っているGitの他に もう1つのSourceTreeを立ち上げて そちらを参加させるということで 擬似的に体験してみることにします それではもう1つ SourceTreeを起動します そしてファイルの新規リポジトリ 「新規/クローンを作成する」 というメニューから 今度は「URLからクローン」 というメニューを選びます するとここに ソースURLを 貼りつける場所が出てきますので GitHubから参加をするリポジトリの URLをコピーしてきます 既存のリポジトリは右下のところに clone URLというURLが ありますので これをクリップボードにコピーしましょう そしてSourceTreeの この欄に貼り付けます さらに このリモートリポジトリの ファイルを保存するフォルダを指定します ここではデスクトップにこのPractice という元からあるフォルダとは別に Practice-cloneといった形で フォルダを作成してみましょう これを開きます 名前はそのままでよいでしょう ここでクローンをクリックします インターネットからファイル群をダウンロード してくるので 少し時間がかかりますが このようにもう1つ SourceTreeが起動して こちら 元からあったものと 全く状態になりました これがクローンという作業です ただしクローンした場合 ブランチはこのmasterという 1つのブランチしかありません リモートにはその他のブランチも 登録されているので 必要に応じてそれらのブランチは ダウンロードしてくることになります 念のためファイルも確認しておきましょう こちら「Finderで開く」を クリックすると このようにPracticeというフォルダと この Practice-cloneという フォルダがありますが どちらもファイルの構成としては 全く一緒になります これを例えば 複数の人数や 複数のメンバーでクローンをすれば 自分と同じ環境を 他の場所に 再現することができるというわけです このレッスンではリモートリポジトリの クローンを作成するという 手順について紹介しました

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。