WebクリエイターのためのGit入門

メンバーの変更を取り込む「プル」

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
他のメンバーが行って、プッシュをした変更は「プル」という作業を行って、自分のリポジトリに取り込みます。このレッスンでは、「プル」の方法について紹介します。
講師:
03:55

字幕

ここではリモートリポジトリのプル という作業について紹介をします。 リポートリポジトリに登録したリポジトリは プッシュという作業を行って、 変更をリモートリポジトリに登録することが できます。 その登録された変更を、他のメンバーや 他のコンピューターでは 今度、このプルという作業を行って、 取り込んでいくということになります。 ではまずプッシュを行ってみましょう。 最初にリモートリポジトリを作った このリポジトリの方で、 ファイルを変更していきます。 index.html例えば、 内容を少し書き換えて、 これをまずはコミットします。 コミットボタンをクリックして、 少しわかりやすいメッセージにして、 コミットボタンをクリックします。 この時コミットを押してから、 プッシュをすることもできますが、 リモートリポジトリを登録すると、 この部分にチェックマークが増えます。 コミットを直ちにプッシュする、ということで、 コミットと同時に プッシュをすることができるので、 すぐにプッシュしたいときは、 これをクリックするといいでしょう。 コミットボタンをクリックすると、 リモートリポジトリに今の作業が プッシュされます。 続いて他のメンバーは、 こちらのSourceTreeで フェッチボタンをまずはクリックします。 または数分時間がたつと、 自動的にこのフェッチという作業が始まって、 同じことが行われることもあります。 ではフェッチボタンをクリックします。 OKボタンをクリックすると、 リモートリポジトリの最新情報を、 自分のコンピューターに取り込みます。 まだこの時点では、こちらのSourceTreeで 行った変更は こちらのリポジトリには、 反映されていません。 あくまでも、リモートリポジトリに 変更があった、 ということだけが伝えられています。 このプルというボタンの所に、赤いマークで 1という数字が出ていますが、 これは、リモートリポジトリに1件、新しい プッシュがある、という状態です。 ではこの状態で、このプルというボタンを クリックしてみましょう。 このあたりのチェックボックスは、 そのままで構いませんので、 このOKボタンをクリックします。 すると自分のコンピューターに このように プルのためのメッセージに変更、という こちらのSourceTree上で行った変更が、 取り込まれています。 実際に作業コピーのFinderで開く、から、 このindex.htmlをSublime Textで 開いてみましょう。 するとここが、プルを練習しています、 となっていて、 フォルダはPractice-cloneになっているので、 元々あったリポジトリの変更が、 自分のフォルダに 反映されていることが分かります。 このようにリモートリポジトリで 作業を行う時は、 他の人が行った変更を取り込むために、 このフェッチというボタンや、 プルというボタンを定期的に押して、 自分の環境を最新にしながら、 自分の作業も今度はプッシュをしていく、 という作業を忘れないようにしましょう。 このレッスンでは、Gitのプルという 作業について紹介しました。

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。