WebクリエイターのためのGit入門

SSH認証鍵の作成(OSXの場合)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
GitHubへの接続方法は、HTTPSの他にSSH認証を使った方法もあります。このレッスンでは、SSH接続をするための準備として、キーの作成方法を紹介します。
講師:
05:37

字幕

このレッスンでは、リモートリポジトリに 接続するためのもう一つの方法である、 SSH接続について紹介をしていきます。 GitHubに作ったリモートリポジトリは、 HTTPSを使った接続の他に、 SSHを使用した接続も 利用することができます。 SSHを利用した場合、 ユーザー名やパスワードの入力が不要で、 よりセキュアな接続をすることができるため、 一度設定しておけば、 非常に便利に使うことができます。 ただしそのためには、自分が使っている コンピューターにSSHのキーというものを つくる必要がありますので、 その手順を紹介してきましょう。 マックの場合ターミナルというソフトを 使っていきます。 アプリケーションの中の、ユーティリティ、 この中にターミナルというソフトがありますので、 これをダブルクリックして、起動しておきます。 まず初めにSSHのキーがすでにできているかを 確認していきましょう。 ls -al ~/.sshとします。 Enterキーを押したときに、 ファイルのリストが表示されれば、 すでにSSHのキーができています。 その場合はこの後の手順は 必要ありません。 もしファイルが見つからなければ、 まず初めにSSHのキーを つくる必要がありますので、 次のコマンドを打っていきましょう。 ssh keygenの~t、~Cとして、 ここに自分のメールアドレスを 打ち込んでいきます。 Enterキーを押すと、この製作の プロセスが始まりまして、 まず初めにキーのファイルを作る 場所の指定をされます。 もしこのままでよければ、 Enterキーだけを押せばよいでしょう。 続いてパスフレーズを 入れる必要がありますが、 これも特に指定が必要なければ、 このままEnterを押して結構です。 同じパスフレーズを入れます。 Enterキーでよいでしょう。 このプロセスを経ると、先ほどのこの ls -al ~/.ssh というコマンドで、 このようにファイルの一覧が 表示されるようになります。 このSSHのキー、このうち、 id_rsa.pubという このファイルのGitHubにあらかじめ 登録しておく必要があります。 クリップボードにコピーする必要があるため、 pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub このファイルを指定します。 Enterキーを押すと、クリップボードに コピーされますので、 これでGitHubにアクセスすることができます。 ではGitHubにログインをして、 自分のユーザー名をクリックします。 そしてEdit Profileのボタンをクリックして、 SSH keysというメニューをクリックします。 今はSSHのキーが一つも 登録されていませんので、 このようなメッセージが出ますが、 ここにAdd SSH keyというボタンがありますので、 これをクリックします。 タイトルには好きなものを設定して構いません。 ここではMacとします。 そしてKeyという入力欄に、 先ほどクリップボードにコピーした、 この暗合の一文を入力します。 そのままAdd keyをクリックすると、 これでSSHのキーが登録されます。 GitHubのログインパスワードを 入力しましょう。 これでキーが登録されましたので、 SSHの接続が使えるようになりました。 では、自分で作っているこの リモートリポジトリを今度は、 SSHの接続にしてみましょう。 もしここがHTTPSの接続文字列の場合は、 このSSHの接続文字列に変更して、 この文字列をクリップボードにコピーします。 それではここでSourceTreeで新しく、 クローンを作るようにしてみましょう。 SourceTreeを起動したら、ファイルメニューの 新規クローンを作成する、から、 URLからクローンというメニューを選びます。 今SSHの文字列がコピーされていますので、 これをペーストしましょう。 保存先のパスは、デスクトップに、 practice-sshというフォルダ名にして、 作成をします。 このままクローンボタンをクリックすると、 ダウンロードが始まっていることが分かります。 この時、ユーザー名とパスワードを 入力していないことに 気がついたと思います。 今作ったSSHのキーを使って、認証を行い、 セキュアな接続で、 このようにクローンを作ることができた、 というわけです。 このレッスンでは、マックにSSHのキーを作り、 SSH接続でGitのクローンを 作るということを紹介しました。

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。