WebクリエイターのためのGit入門

追跡ブランチを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自分の環境のリポジトリを、リモートリポジトリのどこにプッシュするかは「追跡ブランチ」と呼ばれる機能で設定されます。このレッスンでは、そんな追跡ブランチについて紹介します。
講師:
03:31

字幕

このレッスンでは、リモートブランチの、 追跡ブランチというものについて、 紹介をしていきます。 リモートリポジトリからクローンをしたばかりの 自分のリポジトリには、 このmasterブランチという ブランチしかありません。 リモートブランチにはその他にも、 featuerブランチや testといったブランチがありますが、 もしこれらのブランチを自分の リポジトリに取り込みたい場合には、 リモートリポジトリの一覧のブランチの 所から、右クリックをして、 このチェックアウト、というメニューを クリックします。 そして新規ローカルブランチ名をつけて、 OKボタンをクリックしましょう。 このローカルブランチにリモートブランチを 追跡させる、 というメニューもチェックがついたままで、 結構です。 OKをクリックすると、自分のリポジトリの中に featureブランチが出来上がっていることが、 確認で来ます。 以降はプッシュをするときに、 このfeatureブランチについても、 同じくプッシュをすることが できるようになります。 では逆に、自分のリポジトリに、 新しいブランチを作った場合、 それはリモートブランチでどのような 扱いになるのでしょう。 まずmasterブランチに切り替えて、 ここから新しいブランチを作ってみます。 ここではこのlocalというブランチ名にして、 このままブランチを作成しましょう。 ここでプッシュをクリックすると、 localというブランチがここにありますが、 このリモートブランチという方に まだ何も入っていません。 これは、まだ自分のリポジトリの中にしか このブランチがなく、 リモートブランチにないということが 示されています。 ではこの部分にチェックを入れましょう。 すると、自動的にリモートブランチの方は、 localという名前がつきます。 このままOKボタンをクリックすれば、 リモートブランチの方にも、 このlocalブランチが出来上がり、 この自分のコンピューターの中にある、 localブランチと こちらのlocalブランチが、 接続されるようになります。 このようにlocalブランチと、 リモートブランチが接続されている状態を、 追跡ブランチといいます。 追跡ブランチを作らなければ、 例えば自分の環境の中だけに ブランチを作るということもできます。 例えば、notrackなどとして、 このブランチは、 自分あけが使うブランチ、 という形にしましょう。 この状態でプッシュをするときに、 notrackのブランチには チェックをつけないようにして、 プッシュをすれば、 このnotrackというブランチは、 自分のコンピューターの中だけで使われ、 リモートにはプッシュされない、 つまり、追跡ブランチがない、 ブランチを作るということも できます。 例えばこれには、実験用のブランチとして、 あとで削除するために、 リモートには作りたくない、といった場合や、 自分が管理するためだけに使いたい、 といったような時に使うと 便利でしょう。 このブランチを作り、それをリモートに プッシュするかどうか、 というのを選ぶのも、ブランチの運用には 非常に重要なポイントとなります。 このレッスンでは、追跡ブランチについて 紹介しました。

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。