WebクリエイターのためのGit入門

コンフリクトをファイル単位で解決する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コンフリクトを解消するときに、一つ一つエディタで解決せずに、ファイル単位で上書きする方法もあります。このレッスンでは、ファイル単位でのコンフリクトの解決方法を紹介します。
講師:
04:12

字幕

このレッスンでは、コンフリクトが発生した時の 解決手法として、 ファイル単位で解決するという方法について 紹介をします。 まずはコンフリクトを発生させてみましょう。 practiceというリポジトリの ファイルを変更します。 エディターでpracticeフォルダの中の トップページであるindex.htmlを 書き換えてみます。 このように内容を書き換えました。 ではSourceTreeに切り替えて、 このファイルをコミットします。 ステージングして、コミットボタンを クリックし、 コミットメッセージを入れました。 そのままリモートリポジトリに プッシュしてしまって良いでしょう。 コミットボタンをクリックします。 次に、そのリモートリポジトリを クローンした方のリポジトリでも、 同じくファイルを編集してみます。 Practice-cloneというフォルダの中の index.htmlを編集して、 このように内容を書き換えてみました。 ファイルを保存して、こちらもSourceTreeから コミットをしていきます。 ステージングをして、コミットボタンをクリックし、 コミットメッセージを入れていきます。 こちらはプッシュはしなくていいので、 コミットボタンをクリックしてみましょう。 この状態でプルをしようとすると、 競合が発生します。 マージで競合ということで、コンフリクトが 発生していることが分かりますので、 これを解決していく必要があります。 エディターを使ってこのコンフリクトが 発生している行を編集することもできますが、 もし自分の変更が正しいことが 明確である場合や、 逆にリモートリポジトリの変更が 明確である場合などは、 そのファイルを右クリックして、 競合を解決というメニューから、 選択していきます。 自分の変更でリモートリポジトリを 上書きしたい場合は、 この上の選択肢、 リモートリポジトリの変更を 自分に取り込む時には、 相手の変更を使っていきます。 今回は自分で行った変更、 つまり、私も変更しました、 という変更が正しいことにして、 自分の変更で上書きをしましょう。 この自分の変更を使って解決という メニューをクリックします。 するとコミットメッセージを入れる画面が 出てきますので、 コミットメッセージを書き換えるか、 そのままコミットを行います。 今回はプッシュもそのまましてしまって、 結構です。 これでリモートリポジトリには 自分のリポジトリのファイル、 つまり、私が変更しました、 というメッセージがプッシュされます。 こちらエディターでhtmlファイルを見た場合も 内容がこのように、 書き変わっていることが分かります。 SourceTreeで元々あったリポジトリの方も プルをしてみましょう。 するとこちらのクローンをした リポジトリの方で加わった変更が 取り込まれて、こちらのトップページも 同じようにエディターで見てみると、 私も変更しました、になっていることが、 確認できます。 このようにコンフリクトが発生した場合、 手作業で行うこともできますが、 ファイル単位で、どちらかを上書きする、 ということもできますので、 覚えておくとよいでしょう。 このレッスンでは、コンフリクトの 解決手法として、 ファイル単位で解決する、 という方法について紹介しました。

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。