WebクリエイターのためのGit入門

リポジトリを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
gitinitコマンドを使えば、リポジトリを作成することができます。このレッスンでは、コマンドラインでのリポジトリの作成方法を紹介します。
講師:
01:29

字幕

このレッスンでは コマンドラインを使って Gitのリポジトリを作成する方法 について紹介します コマンドラインで リポジトリを作成する場合 まず初めに リポジトリとする フォルダを 作っておく必要があります デスクトップなどに [新規フォルダ]で 新しいフォルダを作って 名前をつけていきます ここではPractice などとしました このフォルダに コマンドラインから アクセスをします コマンドラインから アクセスする場合 cd change directry というコマンドを使い ここに そのディレクトリへの パスを書きます 手で書いても 構いませんが OS10 の場合 フォルダを このターミナルのウインドウに ドラッグ&ドロップすれば 自動的にそのパスが 入るようになっていますので こちらで リターンキーを 押しましょう この状態でGitの リポジトリにしていきます Gitのリポジトリにするには gitコマンドの initと打ち込みます リターンキーを押すと Initialized empty git repository ということで Gitのリポジトリが できたことがわかります これで このリポジトリに コミットをしたり 様々な作業が おこなえるようになります このレッスンでは Gitのリポジトリを コマンドラインで作る方法について 紹介しました

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。