WebクリエイターのためのGit入門

コマンドラインでクローンをする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
gitcloneコマンドを使えば、リモートリポジトリからクローンを作ることができます。このレッスンでは、コマンドラインでのクローンの作成方法を紹介します。
講師:
02:19

字幕

このレッスンでは Git のクローンを コマンドラインで作る方法について紹介します リモートリポジトリが既にある状態で それをクローンする場合 コマンドラインで行うこともできます まず GitHub からクローンしたい リモートリポジトリを選んでクリックします アドレスが右下のところに表示されているので HTTPS または SSH のいずれかの アドレスをクリップボードにコピーしましょう 続いてターミナルを起動します ここでは このデスクトップ上に フォルダを作成して Git の管理下にしたいと思いますので まずはデスクトップに移動します デスクトップへの移動は cd と押した後 Finder などから デスクトップの フォルダをコピーしても構いません または ~/Desktop と打ちこむことでも デスクトップに移動することができます ではここにクローンを作ってみましょう クローンは git コマンドの clone と打ちこんだ後 クローン元のアドレスをここに書きこみます 既にクリップボードにコピーされていますので 右クリックをして ペーストを選ぶと アドレスが貼り付きます さらにもう1つ空けて ここに フォルダ名を入れていきます ここでは Practice-clone としましょう Return キーを押すと フォルダができあがって しばらく時間がかかります リモートリポジトリから 最新のファイル群が ダウンロードされてきて Practice-clone という このフォルダには このように index.html が 出来上がっていることが確認できます 既にこのフォルダは Git の管理下になっています 例えばここで cd と押した後 今作ったこのフォルダに移動をします Practice-clone を ドラッグ&ドロップして Return キーを押しましょう git status とすれば このように Git の管理下に置かれていて master ブランチにいることが分かります このレッスンではコマンドラインで Git のクローンをする方法について 紹介しました

WebクリエイターのためのGit入門

このコースではWebクリエイターの方のためにGitの使い方をわかりやすく解説しています。SourceTreeを使ったファイルの管理やブランチおよびタグの管理方法、またGitHubを使ったグループでGitを共同管理・作業をする方法などを学びます。最後にはSourceTreeとコマンドラインの使い分けについても解説します。

2時間00分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年05月05日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。